JOHA第18回大会 開催日程・形態の変更について

新型コロナウイルス感染拡大による影響について今後の見通しが立たないことを受け、9月12日・13日に立命館大学での開催を予定していたJOHA第18回大会開催の可否を理事会で慎重に協議した結果、日程を9月13日の1日のみとし、開催形態をオンラインとすることを決定いたしましたことをご報告申し上げます。
大会プログラムや参加方法などについての詳細は、確定次第、会員メーリングリストならびにホームページでご連絡いたします。
末尾になりましたが、みなさまのご健康をお祈り申し上げます。

JOHA会長 赤嶺淳
大会開催校理事 佐藤量
研究活動委員長 橋本みゆき

シンポジウムの企画と延期のお知らせ

日本オーラル・ヒストリー学会では、数カ月前から6月13日(土)に戦争体験の「二次証言」の可能性をめぐるシンポジウムを開催するべく、準備を積み上げておりました(企画の詳細については案内用のチラシをご確認ください)。
しかしながら、ご承知のように、新型コロナウィルス感染の拡大のため、シンポジウムを予定通り開催することは困難となりました。そこで本会の理事会で慎重に協議を重ねた結果、誠に残念ながら、シンポジウムの開催を延期することにいたしました。いつ開催するのかという点については未定ですが、詳細が確定次第あらためてお知らせいたします。どうか今後とも本会の活動にあらためてご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

シンポジウム案内用チラシ

 

JOHA18(第18回学会大会) 自由報告エントリー募集

JOHA第18回大会を以下のように開催いたします。つきましては自由報告(個人報告/共同報告/テーマセッション)の報告者を募集します。

現在のところJOHA第18回大会は、9月12日・13日に立命館大学衣笠キャンパスでの開催を予定していますが、新型コロナウィルス感染拡大の今後の状況をふまえ、中止の可能性もあります。
当初の予定通り開催するか、あるいは中止するかについては、決定次第すみやかにウェブサイトで発表するとともに、会員のみなさまにはメーリングリストでもご案内いたします。
また、仮に中止となった場合は、報告申込をされた方々の研究発表の機会をどのような形で提供するかもあわせて検討中です。
大会開催について理事会内で協議していたため、報告募集の開始が例年よりも遅れてしまったこと、お詫び申し上げます。

なお、大会時託児サービスも昨年同様に実施する予定です。詳細は、大会プログラムが確定する7月頃にあらためてお知らせしますので、あわせてご利用ください。

 

第18回日本オーラル・ヒストリー学会大会
日時:2020年9月12日(土)~13日(日)
12日(土)午後:自由報告
13日(日)午前:自由報告、午後:総会・シンポジウム

会場:立命館大学 衣笠キャンパス
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1

〇個人報告および共同報告は、報告20分・質疑応答10分(合計30分)で構成されます。
〇テーマセッションは、150分間(上限)の時間枠で設定されます。各報告時間は個人発表に準じて1人20分を目安とし、セッション全体の時間配分・報告者人数・報告順・コメンテーターはコーディネーターが調整してください。

報告を希望する会員は、以下の応募要項に沿ってお申し込みください。
申込用紙ファイルはこちら→個人報告/共同報告テーマセッション

【応募要項】
◆申し込み資格
申込時点でJOHAの会員であること、および2020年度会費納入済みであることです。
(会費納入のお知らせ、振り込み用紙は4月中に郵送いたします)

◆申し込み手続き
1.申込用紙に必要事項を記入し、メール添付で下記2アドレスにお送りください。
JOHA事務局・矢吹康夫(joha.secretariat[at]ml.rikkyo.ac.jp)
研究活動委員会委員長・橋本みゆき(5522825[at]rikkyo.ac.jp)
必ず両方宛にお送りください。折り返し、事務局より受付の返信をします。返信がない場合は、ご面倒でもお問い合わせください。
※迷惑メール防止のため[at]としております。実際のメールは[at]の部分は@を入力ください。

2.メールで連絡できない方は、申込用紙をJOHA事務局へ郵送してください。受領連絡が必要な場合は返信用ハガキを同封してください。

〒171-8501
東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学社会学部矢吹康夫宛
日本オーラル・ヒストリー学会事務局

◆申込締め切り
6月1日(月)(必着)

◆問い合わせ先:日本オーラル・ヒストリー学会事務局(上記参照)
JOHA事務局・矢吹康夫 (joha.secretariat[at]ml.rikkyo.ac.jp)

オーラルヒストリー実践ワークショップ 開催延期のお知らせ

3月26日(木)に開催を予定していた「オーラルヒストリー実践ワークショップ「現地と作品を結ぶ」3 『語り継ぐいいおか津波』の現場を歩く」は、新型コロナウィルス感染症が拡大する現況に鑑み、今回は見合わせとしました。参加を予定・検討されていた皆様にはたいへん申し訳ありません。ご理解、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

今後の開催につきましては、状況が収まった後を見込んで再検討し、改めてご案内いたします。

オーラルヒストリー実践ワークショップ「現地と作品を結ぶ」3 『語り継ぐいいおか津波』の現場を歩く

美しい九十九里浜を臨むまちで標記ワークショップを開催します。

『語り継ぐいいおか津波──被災者聞き取り調査記録集』や「復興かわら版」を発行してきた地元NPOに協力いただいて、東日本大震災9年後の津波被害地域を歩くとともに、地道に続けておられる聞き書き・発信活動について話をうかがいます。ふるってご参加ください。

チラシ

【日時】2020年3月26日(木) 現地集合12時半~現地解散17時過ぎ

【場所】千葉県旭市飯岡地域

【対象】オーラルヒストリーの作品化や災害、地域づくりに関心ある方(先着20名)

【参加費】JOHA会員500円(学生他も同額)、非会員1000円。このほか昼食代1500円をご用意ください。

【参加申込・お問合せ】参加を希望される方は3/19までにE-mailでJOHA研究活動委員会・能川(ysnogawa[at]staff.kanazawa-u.ac.jp)へ、①お名前、②当日の緊急連絡先、をお知らせください。
※ [at]を@にして送信してください。

《スケジュール》
12:30   現地集合 [カントリ-ハウス海辺里]
*高速バス利用者は「飯岡」下車後、NPOの方の車で移動。
昼食、開会・自己紹介など
13:30~16:00 セッション「津波を語る、語りを聴きとる」 [飯岡刑部岬展望館]
①震災をテーマとする語り部・交流会
②聞き書き・かわら版発行・『語り継ぐいいおか津波』について実践交流
16:00~17:00 旭市防災資料館・仮設住宅の見学 [車に分乗]
17時過ぎ 閉会、バス停へ移動

◎受入れ:NPO光と風キャンペーン実行委員会
被災者聞き取り調査記録編集委員会『語り継ぐいいおか津波──被災者聞き取り調査記録集』(2013年、改訂版、1492円)*や「復興かわら版」の発行、復興まちづくり、防災教室等の活動を展開。
*同書は一般書店での取り扱いなし。購入希望あればNPOに問合せ、また当日直接購入も可。

《交通手段》
◎現地まで
‐「東京駅八重洲口前」10:30発(または「浜松町」10:10発など)の京成バスに乗車し「飯岡」下車。バス運賃は降車時に支払い(片道2400円)。
京成バス時刻表
‐または他の交通手段で各自集合場所(カントリ-ハウス海辺里)へ。
*公共交通機関(路線バス等)の本数は僅少。JR「旭」駅から集合場所まで約8㎞。

◎現地での移動:NPOの方々が車を出してくださいます。

◎帰路:1時間に1本程度高速バスの便あり。
*17時解散なら直近で「飯岡」17:34発、最終21:58。

【主催】日本オーラル・ヒストリー学会

『日本オーラル・ヒストリー研究』第16号 原稿募集

 

論文、研究ノート、聞き書き資料、書評、書籍紹介の原稿を募集いたします。投稿希望者は投稿規定・執筆要領を参照の上、以下の編集委員会メールアドレスまで原稿をご送付ください。図版の著作権をはじめ、図版の文字換算など、12号以降は執筆要領の変更が多々あります。また、こちらの記事にリンクを貼っているものが最新版になりますので、ご注意ください。

 

○ 提出原稿は、査読審査を経たのち、6月中旬ごろに掲載の可否が決定します。

 

○ 12号より原稿の提出は、メール添付で受け付けることとなりました。以下のアドレスにご送付ください。学会大会で発表されたみなさんをはじめ、会員のみなさまからの投稿をお待ちしています。投稿に関し、質問があれば、お気軽に以下の問い合わせ先にお訊ねください。

 

○ 募集期間:2020年3月20日(金)~31日(火)

※〆切厳守は従来通りですが、メールによる事故を防ぐため、募集期間を設けます。ご協力ください。

 

○ 問合せ・応募原稿送付先:joha_journal(at)ml.rikkyo.ac.jp

( (at) 部分を@に替えて送信してください。)

 

なお、『日本オーラル・ヒストリー研究』では、規定字数を一般的な学会誌よりも多い28,000字としております。これは語り・口述史資料を十分に扱えるようにするためです。ところが、推敲が不十分なため内容を絞り切れておらず、いたずらに長くなっているだけのように見受けられる投稿論文があります。規定字数の本来の趣旨を改めてご確認いただいたうえでの執筆をお願いいたします。また、論文の形式には収まらない様々な論稿(現場からの報告、聞き書き資料の紹介、調査教育実践の報告など)も募集しております。今期編集委員会では、学術論文のみならず幅広く成果を発表できる場になるよう投稿規定の改訂も検討してまいります。ふるってご応募ください。

 

編集委員長 石川良子

理事会(第9期)

<任期:2019年9月から2021年大会まで>

会長:赤嶺淳

事務局長:矢吹康夫

会計:上田貴子

編集委員長:石川良子
編集委員:今野日出晴
編集委員:佐野直子
編集委員:塚田守
編集委員:根本雅也

研究活動委員長:橋本みゆき
研究活動委員:小林多寿子
研究活動委員:能川泰治
研究活動委員:安岡健一
研究活動委員:山本恵里子

広報委員長:野入直美

監事:岩崎美智子
監事:倉石一郎