JOHA12 プログラム概要

日本オーラル・ヒストリー学会 第12回大会 プログラム概要(簡略版)
Japan Oral History Association 12th Annual Conference

開 催 日:2014年9月6日(土)~7日(日)
開催場所:日本大学文理学部3号館(東京都世田谷区)
アクセス:京王線下高井戸駅・桜上水駅徒歩8分 http://www.chs.nihon-u.ac.jp/access/
参 加 費:会員1,000円、非会員・一般2,000円、非会員・学生他1,000円
大会実行委員会 開催校担当・会長:好井裕明、開催校担当:中村英代、山北輝裕
       学会事務局:川又俊則、研究活動委員会委員長:和田悠、会計:八木良広

第1日目 9月6日(土)
12:00      受付開始 
13:00~15:30 自由報告(第1分科会、第2分科会)
※報告20分+質疑応答10分(合計30分)

第1分科会 (3308教室)
1.聞き書きによる文化継承の過程―「聞き書き甲子園」の事例検討を通して―
  石村華代(九州ルーテル学院大学)
2.ボランティアと仕事のあいだ―被災地で支援活動をした保育者たちの経験―
  岩崎美智子(東京家政大学)
3.東北からの声(Voices from Tohoku: A 3.11 video archive from 10 different communities)
  David H. Slater、デビット H. スレイター(上智大学国際教養学部)
4.オーラルヒストリーとオーラルトラディション―東日本大震災後の語り部の記録―
(Oral history and oral tradition: Documenting post-3.11 kataribe storytelling)
  マヤ ヴェセリッチMaja VESELIČ(上智大学比較文化研究所)
5.東北からの声―福島の母親たちのアクティビズム―
(Voices from Tohoku: Activism among mothers in Fukushima)
  彈塚 晴香(東京大学大学院)
   ■ 第1分科会の3~5の報告は、3つの報告を連続して行い、その後、質疑応答をまとめて30分
行う形にします。この3つの報告はすべて英語で行われます。

第2分科会(3310教室)
1.将校になる―ある「学徒兵」のライフヒストリー―
  渡辺祐介(立命館大学大学院)
2.証言映像を捉え直す―「東京大空襲証言映像マップ」を通して―
  山本唯人(東京大空襲・戦災資料センター)
3.長崎県生月島のかくれキリシタン信者のライフ・ヒストリー
  小泉優莉菜(神奈川大学大学院)
4.開拓が生みだすもの―戦後入植のフォークロア―
  藤井和子(関西学院大学大学院)
5.アーカイブズとオーラルヒストリー―文書等と聞き取り調査―
  嶋田典人(香川県立文書館)

15:40~17:40 研究実践交流会「オーラル・ヒストリーを用いた大学の教育実践」3307教室
 報告者     梅崎修(法政大学キャリアデザイン学部)
 コメンテイター 塚田守(椙山女学園大学)
 司会      和田悠(立教大学)

18:00~20:00  懇親会(日本大学文理学部キャンパス内:カフェテリア・チェリー)

第2日目 9月7日(日)
9:00      受付開始  
9:30~12:00 自由報告(第3分科会、第4分科会) 
※報告20分+質疑応答10分(合計30分)

第3分科会(3308教室)
1.統合失調症の娘を抱える両親の語り
  青木秀光(立命館大学大学院、日本学術振興会特別研究員)
2.四国遍路のライフストーリー―流動化する社会と自己アイデンティティ―
  後藤一樹(慶應義塾大学大学院)
3.被差別部落の人間形成と義務教育―神戸市内の夜間中学に学んだ男性の語りに焦点を当てて―
  江口怜(東京大学大学院)
4.「女らしい文化」を生きる―髪を喪失した女性たちのライフストーリー―
  吉村さやか(聖心女子大学大学院)
5.在韓結婚移住女性のライフストーリー―結婚移住のプロセスと意味―
  具美善(一橋大学大学院)

第4分科会(3310教室)
1.妄想と現実の交差点にみる女性オタクのセクシュアリティ―一人の台湾人女性オタクのライフストーリーから―
  張瑋容(お茶の水女子大学大学院)
2.マンガ家のライフストーリーに見る戦後マンガ史
  池上賢(立教大学兼任講師)
3.もてなし文化の民俗学的研究―京都北野上七軒の舞妓の聞き取りを中心に―
  中原逸郎(京都楓錦会)
4.1960~90年代の舞踏グループのオーラル・ヒストリー―舞踏を生み出した日々の実践―
  ケイトリン・コーカー(京都大学大学院)
5.別子銅山社宅街(東平社宅)における昭和の生活史
  竹原信也(奈良工業高等専門学校)

12:15~13:00  総会  (3306教室)
13:00~13:20  昼食休憩(3303教室、他) 

13:20~16:00  シンポジウム「オーラルヒストリーで編み直す放送史」(3307教室)

【企画趣旨】
 日本で放送が始まってから来年(2015年3月)で90年の節目を迎える。
日本の現代史にほぼ重なる放送の歴史的展開を辿るうえで、オーラルヒストリーの可能性が注目されるようになっている。放送史研究においては、これまで放送番組(映像・音声)のアーカイブや、関連する文書・書籍が資料として用いられてきた。しかしそれらだけで、放送の歴史的展開とその社会的、文化的意味を探ることには限界がある。 
放送史に関わってきた多様な立場の人々の証言を収集・分析することによって、①文書資料に記録されていない事実関係を埋める、②放送番組が制作された社会的文化的背景に光を当てる、③多様な職種によって担われてきた制作現場の実相に迫る、といったことが可能になる。また、オーディエンス(受け手)研究においてもオーラルヒストリーは大きな可能性を持つ。
 本シンポジウムでは、放送史研究におけるオーラルヒストリーの可能性について、幾つかの研究事例や証言のデジタル・アーカイブ化に関する報告を踏まえながら、テレビ文化を研究する社会学者、オーラルヒストリー研究の専門家も交えて議論を深め、今後に向けての研究の方向性や課題、隣接諸分野との連携の可能性などについて考えたい。

【報告内容】
1.放送史研究における資料の現状とオーラルヒストリーの可能性
  米倉律(日本大学法学部)
2.オーラルヒストリーを用いた初期テレビドラマ研究の試み~『私は貝になりたい』(TBS,1958年)の事例  を中心に~
  廣谷鏡子(NHK放送文化研究所主任研究員)
3.日本初の民間放送、新日本放送スタッフへのヒアリング
  西村秀樹(近畿大学客員教授) 

 討論者 太田省一(社会学者)
 八木良広(立教大学兼任講師)
 司 会 好井裕明(日本大学)

【自由報告者へのお願い】
1)当日配布資料がある場合、レジュメ形式・フルペーパー形式等自由です。ただし、開催校では資料を印刷いたしません。報告者ご自身で当日持参いただき、会場担当者へお渡しください。その際、50部ほどご準備ください。
2)パワーポイント等をご利用の場合、各会場でパソコンを準備しておりますので、USBメモリ等にプレゼンテーション資料をお持ちください。ご自身のものをご利用される場合、RGBケーブルでおつなぎいたします。USBなどの接続方式には対応しておりませんので、ご自身で変換アダプター等をご準備ください。なお、動作確認等は各分科会の開始以前にお願いいたします。会場担当者にご相談ください。念のため資料を保存したUSBメモリ等もご持参ください。

JOHA12(第12回学会大会)自由報告エントリー募集

JOHA学会第12回大会の自由報告のエントリーを募集いたします。

会員の皆様、ぜひ、ふるってお申し込みください。

申込締切は、2014年5月15日(水)(必着)です。

エントリーの詳細は以下の通りです。

JOHA12 自由論題報告者募集/Call for Papers

JOHA第12回大会の自由報告の報告者(英語報告部会を含む)を募集します。

報告を希望する会員は、氏名・所属(あるいは職業)・住所・電話番号等・

報告種別(個人・共同)・報告タイトル(日本語および英語)、報告要旨(300字、日本語)、

情報機器利用の有無を添えて、以下の手続きでお申し込みください。

大会12申込み用紙

なお、申込資格は、申込時点でJOHAの会員であること、および2013年度

会費納入済みであることです。

締切は5月15日(木)(必着)です。

 第12回日本オーラル・ヒストリー学会大会 

日時:2014年9月6日(土)~7日(日)

   6日(土)午後:自由報告・研究実践交流会・懇親会

   7日(日)午前:自由報告、午後:総会・シンポジウム

自由報告部会:6日(土)13:00~15:00 (予定)

       7日(日)9:00~12:00  (予定)

会場:日本大学文理学部

〒156-0045 東京都世田谷区桜上水3-25-40

問い合わせ先:日本オーラル・ヒストリー学会事務局(下記参照)

 自由報告申し込み手続き

1.申込用紙に必要事項を記入し、メール添付の上、

JOHA事務局 川又俊則(joha.secretariat[at]ml.rikkyo.ac.jp)と

研究活動委員会委員長 和田悠(yuwada[at]rikkyo.ac.jp)宛の

両方に必ずお送りください。折り返し、事務局より受付の返信をします。

返信がない場合は、ご面倒でもお問い合わせください。

2.メールで連絡できない方は、申込用紙をJOHA事務局へ郵送してください。

受領連絡が必要な場合は返信用ハガキを同封してください。

〒510-0298 三重県鈴鹿市郡山町663-222 鈴鹿短期大学 川又俊則研究室

日本オーラル・ヒストリー学会事務局

保苅実写真展

カントリーに呼ばれて~オーストラリア・アボリジニとラディカル・オーラル・ヒストリー~

オーストラリアの先住民アボリジニの歴史を研究していた保苅実氏が撮影した写真と歴史研究の視点を紹介します。

主催:北海道立北方民族博物館
会場:北海道立北方民族博物館 特別展示室
網走市潮見309-1
0152-45-3888

開催期間:2010/4/29 ~2010/6/20(9:30-16:30)
休日:月曜日(祝日の場合開館。翌平日休館)
料金・費用:無料
URL:http://hoppohm.org/

お知らせ

第6回大会の報告申込み期日延期のお知らせ 
 第6回大会は2008年10月11日(土)、12日(日)の二日間、慶応義塾大学の三田キャンパスにおいて開催されます。自由報告申込みの締切ですが、2008年5月15日(木)から6月20日(金)に延期いたします。申込みはメールまたは郵送でお願い致します(郵送の場合は6月20日消印有効) 報告を希望する会員は、5月1日付けホームページの報告者募集をご覧ください。みなさま、ふるってご応募下さい。

オーラル・ヒストリー研究会・講演のお知らせ

「戦争・占領・植民地期のオーラル・ヒストリー研究会」(OH-WOC)を以下のように開催します(通訳つき)。
 このたび、会議で来日された、オランダ戦争資料館のブッハイム研究員を迎え、戦争や植民地・占領期の聞き取りにはつきものの、倫理性や家族への配慮など、微妙な問題について、皆様と一緒に、研鑽をつみたいと思います。
 エヴェリナ・ブッハイム氏は、1999年にJOHA準備会主催で講演した、蘭領東インドの聞き取りプロジェクトのフリーダス・スタイラン氏のもと、プロジェクトチームで実際に聴き取り調査を担当し、現在も、ナイーブな問題の聞き取りに取り組んでいます。 なお、文化人類学・歴史学出身で、社会学とも共同研究歴は長いです。「日本のオーラルヒストリアンと、話しあえるのを楽しみにしています」とのことです。お誘いあわせの上、ぜひ、おいでください。
○場所:大阪大学 文・法・経済学部本館2階 史学共同研究室
    豊中キャンパス http://www.osaka-u.ac.jp/jp/accessmap.html 参照
○論題:「蘭領東インド植民地期の日蘭間結婚のオーラルヒストリー」(午前)
     「資料公開の倫理・モラルについて」(午後)
    「口述資料のアーカイブ利用の方法について」
○講師: エヴェリナ・ブッハイムNIOD(オランダ戦史資料館)調査員
○ 解説・通訳 中尾知代 (岡山大学社会科学研究科:国際オーラル・ヒストリー学会アジア評議員)
○ 時間: 2008年4月6日(日)
      11時~12時(ブッハイム氏の調査内容の紹介)
       (1時間休憩)
     13時~15時(オーラルヒストリーの倫理と、アーカイブの使用について)
            (参加者の聞き取り体験を元にディスカッション)
日曜日ですので、ランチ・飲み物はぜひご持参ください。日曜日の阪大付近は、飲食エリアがありません!
○問い合わせ先:oralhistory.nakao@gmail.com
  質問も通訳します。通訳を援助できる方歓迎。通訳のため、時間が多少ずれることをご了承ください。
OH-WOC:(Oral History Research Study Group on War, Occupation and Colonial  Era)

ワークショップのお知らせ

JOHAワークショップ
テーマ・セッション・コーディネータの募集
会員の皆様に、今年度のワークショップに関するお知らせをいたします。 
日本オーラル・ヒストリー学会では毎年ワークショップを開催しています。本年度のワークショップは、2008年7月初旬に京都で開催の予定です。従来、ワークショップは担当理事が企画を練ってきましたが、今回は2部構成とし、2部のテーマ・セッション企画を公募することにいたしました。皆様ふるって応募下さいますようお願い申しあげます。
テーマは、オーラル・ヒストリー実践や理論的諸問題に関するものであれば自由です。ワークショップの場でじっくりと議論したい問題やテーマをお持ちの方に、是非とも応募していただきたく存じます。テーマは十分練られていなくても結構ですし、若手の応募を歓迎します。応募者は、①テーマの仮タイトル、②その趣旨(400字)、③具体的な報告サブ・テーマ例、④ご氏名・ご所属・ご連絡先(メールアドレス、郵送先住所、電話)を明記し、下記連絡先までご応募下さい。メールでも郵送でも可です。
なお、テーマが決定されましたら、そのテーマに関する報告者を公募いたしますので、あらかじめ報告メンバーを確定された応募はお避け下さいますよう御願いいたします。
今後のスケジュールは以下のようです。①テーマ・セッションのテーマ公募(12月末日締め切り)、②テーマに関する報告公募(1月中旬公募、2月末締め切り)、③テーマ・セッションのプログラム決定・広報(3月中旬)、の予定です。
皆様の積極的な応募を御待ちしております。
2007年11月28日
【開催計画・案】
・開催日時案   2008年7月第1週の土曜日午後1時~6時
・会場案     京都市内
・プログラム案  第1部「オーラル・ヒストリー実践講座」(1時間半)
第2部「テーマ・セッション」(3時間、報告者は3~4名程度)
*第1部は担当理事が企画、第2部は公募コーディネータと担当理事が企画します
*定員50名程度。参加費は会員(500円)、非会員(1000円)の予定です
【連絡先】 蘭 信三(Araragi, Shinzo)
〒606-8501京都市左京区吉田本町
京都大学国際交流センター 蘭研究室
電話:075-753-2554 ファクス:075-753-2562
E-mail:araragi@ryu.mbox.media.kyoto-u.ac.jp

国際OH学会発表申し込みのお知らせ

第15回国際オーラル・ヒストリー会議
大会主題:オーラル・ヒストリー:われらの時代との対話
日時:2008年 9月23日~26日
▼国際オーラルヒストリー学会は、メキシコのグアダラハラ大学とメキシコオーラルヒストリー学会(AMHO)の共催により、国際オーラル・ヒストリー学会第15回大会を開催しますので、世界中から、発表をお待ちしています。奮ってご参加ください。
会議における発表、テーマごとのパネル発表、および「特別主題グループ討議(スペシャル・インタレスト・グループ)」「ワークショップ」への申し込みの種別があります。
◎開催場所:メキシコ グアダラハラ 
(開催場所HP)http://www.congresoioha2008.cucsh.udg.mx
◎発表申し込み締め切り期限:2007年8月15日(日)
◎申し込みあて先
http://www.congresoioha2008.cucsh.udg.mx のWEBSITEから、申し込んでください)
Email: iohacongress@csh.udg.mx (受付通知は返送されません。ただ、メールが跳ね返るなどの現象がある場合は、tomoyopow@aol.comに【IOHA申し込み】とタイトルして中尾知代・広域アジア評議員までご連絡ください)
◎ 申し込みに記述する内容(文末に記します)
◎ 発表可能の受理・不受理のご連絡は以下の判断に基づき2007年10月15日迄に送られます*************************
オーラル・ヒストリーに明確に的を絞った発表が、大会発表受付の対象となります。発表可能の判断は、オーラル・ヒストリーへの焦点の絞られ方、会議の主題や副主題との方法論的・理論的意味合いの関連性によって行われます。
★大会副主題 (Memoryは一応記憶としましたが、<メモリー>で結構です。訳者注)
「20世紀を理解するためのオーラル・ヒストリーの貢献」
「時間経過と記憶:われらが生きた経験:何が覚えられ、何が忘れられたか」
「記憶と空間:コミュニティ、ローカル、グローバルと日常の生活」
「エコロジーと災害:環境問題、自然遺産・遺跡、文化資源」
「記憶と政治:政治的参与活動の経験、NGO、政治団体、政治的主体と個人」
「家族と世代」
「移民:ディアスポラ、国際あるいは地域の移住・移民の動き、ネットワーク、ボーダーライン」「宗教上の理由による移住(移民)、移民による人的資源」
「信仰の共有と伝承:宗教上の伝統」
「口承伝承:オーラル・トラディション」
「オーラル・ヒストリーの理論と方法」
「戦争の記憶と暴力:正義、トラウマ、メモリー、サバイバー、市民権と人権と」
「身体の記憶:ダンス、タトゥー(刺青)、ドラマタイゼイション(ドラマ化)と感情」
「仕事:ワーク(仕事)における経験、概念、様相」
「健康:病気、癒し、神話、ハンディキャップ、高齢者と引退者」
「ジェンダー」
「オーラル・ヒストリーを教えるということ:インフォーマルな場と公式教育の場の経験」
「記憶をアーカイブするということ:社会調査の資源としてのインタビュー、インタビューの多様な読み取り方、オーラル・ヒストリーの出版と広範囲における共有化・伝承、オーディオ・アーカイブ、オーディオビジュアルメディア、アーカイブへのアクセスと探求」
「ミュージアム(博物館・美術館)とオーラル・ヒストリー」
「オーラル・ヒストリーと視覚(ビジュアル)イメージ」
「オーラル・ヒストリーの法的・倫理的諸問題」
**********************************
■マスタークラス:会議に先立ち、幾種類かの「マスター・クラス」(オーラル・ヒストリアンとして習熟するための講座)とワークショップが、世界的に著名な学者、オーラル・ヒストリー実践家によって開かれます。
■ スペシャル・インタレスト・グループ(特別主題グループ討議)
シドニーの第14回会議を継承し、特に自分に関心のある主題ごとにわかれたグループセッションが、予定されています。これは参加者がそれぞれ知り合い、交流を確立し、考えやオーラル資源や資料を共有していくためのものです。
■ 申し込み
○ 最高300語(字ではありません)の発表概要をWEB上で送ってください。(英語・スペイン語)
●以下の情報を共にお送りください
○ 名前(苗字は大文字で)
○ あれば所属先
○ 郵便あて先
○ メールアドレス
○ 電話とファックス番号
○ 関連する副主題
○ 個人申し込み、あるいはテーマに即したグループパネル申し込み、ワークショップの種別
○ スペシャル・インタレスト・グループに関する内容・主題提案
● 個人発表の方は、他の関連・類似した主題の方と組み合わせたパネルあるいはワークショップで発表頂くことになります。
● 主題パネル発表を希望される場合、4名まで。できれば国際間の組み合わせが望ましい。
● 発表をすることになった方は、その後、プロフェッショナルに書かれた英語あるいはスペイン語で原稿を書くことが要請されます。また、概要をつけること。(期限:2008年2月28日)これは会議当時の概要・CDに収録されます。
● 発表内容には、できるかぎり、インタビューされた方(語り手)の声が、大会の聴衆に届くよう、工夫してください。
● その他、旅費援助の方法もありますので、詳しくは国際オーラル・ヒストリー学会のHP( http://www.ioha.fgv.br)をご覧ください。旅費奨学金を受ける方は、まず発表内容が受理されることが必要となります。

何かご質問ある場合アドバイスが必要な場合、各地域の評議員にご連絡ください。
アジア(トルコ以東) – ナカオ トモヨ(tomoyopow@aol.com)
アフリカ- ショアン・フィールド (sean@humanities.uct.ac.za)
ヨーロッパ- ロブ・パークス(rob.perks@bl.uk)
メキシコ- アナ・マリア・デ・ラ・オ・カステジャノス (anadelao@cencar.udg.mx)
北アメリカ大陸 – アレクサンダー・フロイント(a.freund@uwinnipeg.ca)
南アメリカ大陸 – マリルダ メネセスMarilda Menezes (marildamenezes@uol.com.br)
オセアニアー ミーガン・ハッチング (megan.hutching@hotmail.com)
●メキシコの連絡先
Maestra Ana Maria de la O Castellanos
Email: iohacongress@csh.udg.mx
Departamento de Historia
Centro Universitario de Ciencias Sociales y Humanidades
Guanajuato # 1045
Colonia Alcalde Barranquitas
Guadalajara, Jalisco, Mexico. C.P. 44260
Phone Number/FAX (52) 33 38 19 33 79/74

ICHORA4

International Conference on the History of Records and Archives
CALL FOR PAPERS FOR ICHORA4, Perth, Western Australia 3-5 August 2008
Minority reports: Indigenous and Community Voices in Archives
The general theme of this conference explores issues relating to the
history of recordkeeping by and about Indigenous peoples, migrant
communities, minority communities, forgotten and disappeared
communities. This includes historical and contemporary responses by
these groups to recordkeeping by dominant communities. This conference
also welcomes discussion on the impact and histories of the
destruction of archives relating to the above communities and peoples,
and the role of records in human rights contexts, including slavery
and reconciliation.
We invite submissions of proposals for papers that report on original
research into topics and themes that have not been widely discussed in
the archival literature. Papers may treat any time period, any format
and any national jurisdiction. Topics might include, but are not
limited to the following areas:
• Cultural provenance / virtual repatriation
• Collecting against the grain
• Representation and self representation
• Approaches to keeping cultural memory
• Expanding definitions of archives beyond traditional formats
(for example Rock art)
• Reading traditional records to tell new stories
• Historical and contemporary approaches to outreach and access
• Absences and silences in archives and cultural institutions
We encourage cross-disciplinary and cross-cultural perspectives on
issues relating to the scope of the conference.
Proposals may be for individual papers or for whole sessions which may
consist of 2-3 papers and a panel discussion.
Papers by people from Indigenous, migrant, minority and forgotten
communities are particularly welcome.
Proposals for papers
Abstracts should be approximately 300 words and in word or RTF format.
All papers will be refereed.
Proposals should be sent to ichora4@ecu.edu.au by 14 July 2007. We
will advise on acceptance by the end of October 2007
The language of the conference is English.
ICHORA4 Conference Programme Committee
Joanna Sassoon (SROWA)
Karen Anderson (ECU)
Toby Burrows (UWA)
Carly Lane (UWA)
Michael Piggott (UMelb)
Kirsten Thorpe (SRNSW)
Adrian Cunningham (NAA)
This conference is timed to be directly after the ICA Congress in
Kuala Lumpur, and just prior to the Australian Society of Archivists
Conference, Perth, Western Australia 7-9 August 2008. A call for
papers for the Australian Society of Archivists Conference will be
made in a few months. For further information in the meantime please
contact Dr Karen Anderson k.anderson@ecu.edu.au