次期理事選挙投票御礼

次期(2015-17)理事選挙が締め切られました。
投票していただきました皆様、ありがとうございました。
結果は後日お知らせいたします。

                   選挙管理委員会
                   事務局

JOHA13申込みありがとうございました

9月5・6日に大東文化大学にて開催される
JOHA13学会大会自由報告へ多数の申込みがありました。
15日に〆切、現在プログラム作成中です。

理事会での決定を経て、後日大会の詳細をご案内いたします。

申し込まれました方々、検討していただいた方、
ありがとうございました。
                   事務局

JOHAニュースレター第27号

2014年12月22日
JOHAニュースレター第27号

日本オーラル・ヒストリー学会第12回(JOHA12)大会 報告特集
 2014年9月6日(土)、7日(日)の2日間にわたり、日本大学文理学部でJOHA12が開催されました。あいにくの雨模様でしたが、4つの自由報告部会、研究実践交流会、シンポジウムそれぞれにおいて報告に熱心に耳を傾ける参加者の姿がたくさん見られました。
 次回のJOHA13大会は2015年9月12~13日、大東文化大学板橋キャンパス*(東京都板橋区)での開催を予定しています。メーリングリストや学会HP上での案内・募集をお見逃しなく、どうぞふるってご参加ください。
*次回大会会場は大東文化大学の大東文化会館に変更しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ⅰ.日本オーラル・ヒストリー学会第12回年次大会報告
1.大会を終えて
 JOHA12大会は、2014年9月7日~8日、日本大学文理学部キャンパスにて行われました。学会会長が開催校担当を兼ねられました。多忙な中、お引き受けいただきました好井裕明会長、開催校会員として大会運営をサポートしていただいた中村英代先生、野口憲一先生はじめ、学生スタッフの皆様に感謝いたします。
 冷房が必要ない天候のなか、2日間で延べ122名(参加費徴収83名)の参加者を数え、盛況でした。年会費納入済み参加会員には完成したばかりの学会誌10号をお渡しできました。今回、自由報告の司会2人制、事務局管理のバックナンバー自己申告制配布を新たに試みました。1日目の研究実践交流会「オーラル・ヒストリーを用いた大学の教育実践」、2日目のシンポジウム「オーラルヒストリーで編み直す放送史」は登壇者のみならず、フロアからも活発な議論が展開しました。会員のみなさまの参加とご協力に感謝申し上げます。次回は2015年9月、大東文化大学板橋キャンパスで開催されます。どうぞよろしくお願いいたします。(JOHA事務局長 川又俊則)

2.第1分科会
司会:鶴田 真紀(1~2報告)・赤嶺 淳(3~5報告)
 第1分科会では、以下の3組5名の発表がおこなわれた。うち4本は、東北大震災に関するものであり、分科会としてのまとまりがあったものと考えている。まず、石村華代(九州ルーテル学院大学)氏が、「聞き書きによる文化継承の過程―「聞き書き甲子園」の事例検討を通して」と題した報告をおこなった。石村氏は、教育学の視点から、文化継承に関する新たな取り組みとしての「聞き書き甲子園」活動を社会教育活動と位置づけ、その事例研究をおこなった。海・山・川をフィールドに生業を営む「名人」とインタビュアーとしての高校生との関わりを記述することにより、この活動における「出会い」と「学び」の具体的諸相をあきらかにした。
 次に東京家政大学の岩崎美智子氏が、「ボランティアと仕事のあいだ―被災地で支援活動をした保育者たちの経験」と題した報告をおこなった。 岩崎氏は、東北地方の被災地におもむき、保育所で数か月~1年の間支援活動をおこなった保育者たちの語りをとおして、援助する側からみた「支援」のあり方について考察した。保育者が一定期間被災地で支援活動をすることは、「ボランティア活動」なのか、それとも「職業活動の一環」なのかと問いかけ、ボランティアとして活動することと職業人として働くことの相違を分析した。また、海外でのボランティア経験の有無が、被災者と支援者の協働のあり方に差異をもたらすという仮説は、今後の研究の発展性を感じさせてくれた。
 最後に上智大学のデビット・スレイター氏ら3名による「東北からの声」(Voices from Tohoku: A 3.11 video archive from 10 different communities)に関する発表があった。まずスレイター氏が同活動の歴史と概要、展望を紹介したあとで、 マヤ・ヴェセリッチ氏が震災の経験をかたる「語り部」の現代的意義について、彈塚晴香(東京大学大学院)氏が、いわゆる自主避難された女性たちの苦悩と現状について報告した。同活動は、学生が中心となって収録した400時間にもおよぶインタビュー記録を所蔵している。素人の学生がむけたマイクに語られた内容は、既成のマス・メディアがとらえきれていない「生の声」であり、それゆえに、震災の経験、その後の社会変容を物語る資料となっている。今後は、このアーカイブをいかに国内外で活用していくのか、期待したい。(赤嶺 淳)

3.第2分科会
司会:宮崎 黎子(1~3報告)・滝田 祥子(4~5報告)
 第2分科会では、5つの報告がなされた。
 第1報告の渡辺祐介(立命館大学大学院)「将校になる―ある『学徒兵』のライフヒストリー―」は、「学徒兵は何のために戦ったのか」という疑問から、「学徒兵」であった、神田氏のライフヒストリーを3日間15時間に及ぶインタビューから得て、彼の戦争体験と戦争観をもとに考察する。そこから体験者ならではの戦中派特有の‘割り切れなさ’が浮かび上がってくる。青年の善意や誠意が戦時体制に回収されるメカニズムと体験者のライフヒストリーが語る戦争の‘リアリティ’に迫る報告であった。
 第2報告の山本唯人(東京大空襲・戦災資料センター)「証言映像を捉え直す―『東京大空襲証言映像マップ』を通して―」は東京都江東区に所在する民立資料館である東京大空襲・戦災資料センターで今年3月、c-locと呼ばれるソフトウェアを活用し、空襲体験者の証言映像をモニタ画面上の3D地図を通して視聴する「東京大空襲証言映像マップ」という証言映像アーカイブを公開した。このアーカイブの操作をスライド画面上で実演し、その概要を説明すると同時に、オーラル・ヒストリーの新たな視聴方法の開発が、その研究にもたらす可能性について考察した。
 第3報告の小泉優茉菜(神奈川大学大学院)「長崎県生月島のかくれキリシタン信者のライフ・ヒストリー」は江戸幕府によって弾圧されたキリスト教信者たちが潜伏し、250年間信仰を伝承した。指導者のいない中で伝承された信仰は、日本の風土などと混淆し、現在は「かくれキリシタン信仰」として伝承されている。大戦下の混乱で伝承が滞って以来、伝承断絶の危機にある今、村川要一氏(89)の個人史から考察する。親から子へ口伝えで行われてきた伝承だが、今は「紙に書く」。また「唄おらしょ」(ラテン語のOratio<祈り>が日本語に近づき、転化)の採譜を通じて、日本独特の伝承を調査。先行研究では注目されてこなかった「個」とかくれキリシタン信仰との繋がりにも言及した。
 第4報告の藤井和子(関西学院大学大学院)「開拓が生みだすもの―戦後入植のフォークロア―」は開拓を通して人々がどのようなフォークロアを生み出したのかという観点から、戦後開拓について茨城県旧七会村で、ユニークな活動を展開している駒井英子さんのナラティブを紹介。まさに「創意工夫で新境地を拓く開拓者魂を引き継ぎ、再生可能エネルギー発電に取り組む」80歳の起業家駒井英子さんがつくった不二太陽光発電株式会社の成長と発展の物語は、原発事故後の新たな可能性を示唆する報告となった。
 第5報告の嶋田典人(香川県立文書館)「アーカイブズとオーラルヒストリー―文書等と聞き取り調査―」はオーラルヒストリーとアーカイブズは相互に補完しあうものとして、所属する香川近代史研究会の戦争体験等聞き取り調査の事例を分析。香川県立文書館における高松飛行場資料の利活用・普及事業。戦跡関連調査の実施―地域での聞き取り調査の必要性。高松飛行場と詫間海軍航空隊関連聞き取り調査について報告。記録資料とそれらを保存する(公)文書館、すなわちアーカイブズの必要性を述べた。
 5つの報告は多岐にわたり、多様性に富んでいたが、「日本の戦争体験」が通奏低音となっていることが共通していた。それぞれ中身の濃い報告であっただけに、報告そのものの時間も討議の時間も少ないのが、残念に思われた。(宮﨑黎子)

4.第3分科会
司会:橋本 みゆき(1~2報告)・山村 淑子(3~4報告)
 大会2日目午前の第3分科会は、山村淑子氏と橋本が進行を務めた。5名の報告を予定していたが1名が急病により欠席したため、4つの報告の後に山村氏の司会で全体討論の時間をもった。
 1つ目の報告は、後藤一樹氏(慶應義塾大学大学院)の「〈漂泊〉のライフストーリー─―ある歩き遍路の語りから」である。報告者が四国遍路中に出会い、再会したKさん(1948年生)の語りに現れる、四国遍路の意味の世界の変遷を象徴的相互作用プロセスとして描こうとしたもの。会場からは、Kさんにとっての仏教の重要性に関する質問があった。確かに単一の枠に収まらない意味世界である。ただ「交響」と広げてしまうまとめ方には、まだ検討できる余地があるようにも思われた。
 2つ目は、江口怜氏(東京大学大学院)の「被差別部落の人間形成と義務教育――神戸市内の夜間中学に学んだ夫婦の語りに焦点を当てて」である。学齢期に(夜間)中学を中退し、高齢になって再入学した被差別部落出身の夫婦(夫1936年、妻40年生まれ)の、人生の時期によって意味づけが異なる義務教育就学の語りに報告者は注目する。生活経験や職業による人間形成に対しての義務教育の意味は何か、もう一歩踏み込んだ結論も導けそうな事例である。
 3つ目は、吉村さやか氏(聖心女子大学大学院)「「女らしい文化」を生きる――髪を喪失した女性たちのライフストーリー」である。円形脱毛症当事者会の会長である39歳女性へのインタビューから、彼女の転機となった温泉での経験に焦点を当て、一方で脱毛症への理解を図る活動と、他方ではカツラ着用の社会生活を続ける個人の人生を理解しようとしたもの。質疑は、語り手と聞き手との関係性の記述の意義や、「女らしい」という表題に集中した。
 4つ目は、具美善氏(一橋大学大学院)「在韓結婚移住女性のライフストーリー――結婚移住のプロセスと意味」である。「多文化家族」の増加で知られる韓国。報告者は3調査事例を紹介し、ステレオタイプで描かれがちな近隣国出身女性たち自身の選択・結婚移住経験への主体的意味づけを論じた。参加者からは、出身国の社会構造や仲介業者が介在するケースなど背後要因への目配りの必要性、またかつての日本との類似性の指摘があった。
 一見マイノリティ問題を共通項としつつも、複数の視角を刺激される興味深い部会となった。雨にもかかわらず早くから集まった参加者らが積極的に発言して比較的じっくりと質疑応答・議論ができ、各報告への理解をさらに深めることができた。参加者の協力に感謝する。 (橋本みゆき)

5.第4分科会
 第4分科会では、1と2の報告については、有末賢(慶応義塾大学)が司会をし、3~5の報告は、山本須美子(東洋大学)が司会を担当した。第1報告は、張瑋容(お茶の水女子大学大学院)の「妄想と現実の交差点にみる女性オタクのセクシュアリティ―一人の台湾人女性オタクのライフストーリーから―」であった。台湾における「哈日ブーム」などを背景にして日本マンガの輸入のみならず、コスプレや同人誌即売会なども台湾に紹介されるようになって「オタク文化」が受容されるようになった。張さんは、Bさんという一人の台湾人女性オタクのライフストーリーを取り上げ、彼女の妄想と現実の交差点に見られるセクシュアリティに焦点を当てて、分析していた。大変興味深い報告であった。第2報告は、池上賢(立教大学兼任講師)の「マンガ家のライフストーリーに見る戦後マンガ史」であった。池上さんは、これまでマンガの読者を対象として、マンガに関する経験が、人々にとってアイデンティティのリソースになることを研究してきた。今回は、Sharon Kinsellaのマンガ編集者とマンガ家を対象にしたエスノグラフィーを重要な先行研究として、2人のマンガ家のインタビューを通して戦後マンガ史の一端を描いた。今後は、編集者へのインタビューも加えてライフストーリーとメディア・コンテンツの生産に向かっていくものと思われる。第3報告は、中原逸郎(京都楓錦会:慶応義塾大学大学院)「もてなし文化の民俗学的研究―京都北野上七軒の舞妓の聞き取りを中心に―」であった。従来、京都の花街は民俗学分野において取り上げられることが少なかった。中原さんは、芸妓や舞妓へのインタビューを通して、芸の習得や伝承、お茶屋遊びの民俗文化や「もてなし文化」の変遷について分析した。貴重な研究成果である。第4報告は、ケイトリン・コーカー(Caitlin Coker:京都大学大学院)「1960~90年代の舞踏グループのオーラル・ヒストリー―舞踏を生み出した日々の実践―」であった。コーカーさんの報告は、戦後日本の前衛舞踏家として有名な土方巽の舞踏グループに属した人々から、オーラル・ヒストリーを聞き取って、当時の舞踏の日々の実践を明らかにした。彼らは、制作・上演するため、ほとんどの舞踏家が稽古場で共同生活をして、キャバレーでの「金粉ショー」で活動の資金を稼いでいた。多様な視点から、1960~90年代の舞踏家たちの活動が描かれた。グローバルな視点についても今後研究されると良いと感じられた。第5報告は、竹原信也(奈良工業高等専門学校)「別子銅山社宅街(東平社宅)における昭和の生活史」であった。竹原さんは、愛媛県新居浜市の別子銅山(1691-1973)の山間に作られた社宅街(東平社宅)の生活文化を、生活経験者の語りから報告された。山間部での昭和の生活文化や共同性、コミュニティの内実が活き活きと描かれたものであった。5つの報告、どれもがオーラル・ヒストリーの魅力を引き出している秀逸な報告であったと思われる。(有末 賢)

6.研究実践交流会 「オーラル・ヒストリーを用いた大学の教育実践」
 聞き書き甲子園が代表的な事例であるが、近年、オーラル・ヒストリー(聞き書き)のもつ人間形成における意味や機能に着目をした実践が注目を集めているが、JOHAに所属している大学教員もまた大学の講義や演習などでオーラル・ヒストリーを活用した取り組みを実践しているはずであり、その経験を交流したいということを目的に、今年度の研究実践交流会では、オーラル・ヒストリーを活用した大学教育の実践をとりあげた。
 メインの報告者は、梅崎修氏(法政大学キャリアデザイン学部教員)。梅崎ゼミでは、約1年をかけて、企画から取材、編集、広告営業まですべての工程を学生に関わらせて、「神楽坂」のタウン誌『Roji(c)』を毎年発行してきた。タウン誌の特徴は、神楽坂の魅力を、街をつくっている人々のキャリアや想いという視点から伝えるところにある。梅崎ゼミの学生は、神楽坂で働いている人びとから仕事や人生を聞き取り、そのキャリアヒストリーを作品にまとめてタウン誌の記事として発表する。報告では、このようなゼミ生の実践成果を踏まえて、オーラル・ヒストリープロジェクトの運営の難しさ、オーラル・ヒストリーを教えることの難しさが語られ、以下のような論点があげられた。
・それは、テープ起こしという苦行と発表の場づくりの関係。
・発表の場があるから、読者に語り手の経験を伝えるという媒介性が生まれること。
・広告費や販売を考えることが学生にとって経営センスを学ぶよい経験になること。しかし一方で、トラブルが生まれること。
・就職活動と印刷所とのやり取りが生まれるので、かならず学生間の負担分担に対する不平が生まれること。
・記事になるので、インタビュー先とのトラブルが生まれること。しかし、上記の問題があるからこそ、よい学習経験でもあること。
 サブ報告者は、塚田守会員(椙山女学園大学)にお願いした。リアルな女子大生の「就活」の実態を女子大生の自分史を通じて肉薄した書として注目を集めている編著『就活女子』(ナカニシヤ出版、2013年)の成果に立っての報告であった。
 教師が学生(生徒)の話を徹底的に「聴く」ことで、学生たちは教師(他者)に対して自己を語り、その過程で人生を再吟味し、自分のこれまでの経験に意味を与えていき、自らをエンパワーメントしていくことが指摘された。つまりは、『就活女子』とは、学生へのライフ・ストーリーインタビューの試みであり、それがもつ人間形成的意味を塚田報告は明らかにした。
 質疑では、各教員の大学でのオーラル・ヒストリーを活用した授業の取り組みも紹介された。大学でのオーラル・ヒストリーを用いた教育実践を交流する場として一定の意義があったように思われる。(研究活動委員会 和田 悠)

7.シンポジウム 「オーラルヒストリーで編み直す放送史」
 日本で放送が始まってから来年(2015年3月)で90年となる。これまで放送史研究においては放送番組(映像・音声)アーカイブや関連する文書や書籍が主な資料であった。しかし近年、放送に携わってきた人びとの声や記憶に注目が集まっている。放送に携わってきた多様な立場の人びとの証言を聞き取り、内容を分析することで、文書資料の隙間を埋め得る事実関係が明らかになり、また放送番組が制作された社会文化的背景もより詳細に検討ができるようになり、多様な職種における制作現場の実相に迫ることができる。またオーディエンス研究においてもオーラルヒストリーは大きな可能性を秘めている。
 本シンポジウムではこうした問題関心のもとで、米倉律(日本大学法学部)「放送史研究における資料の現状とオーラルヒストリーの可能性」、廣谷鏡子(NHK放送文化研究所主任研究員)「オーラルヒストリーを用いた初期テレビドラマ研究の試み――『私は貝になりたい』(TBS、1958年)の事例を中心に――」、西村秀樹(近畿大学客員教授)「日本初の民間放送、新日本放送スタッフへのヒアリング」という3報告をいただいた。
 米倉氏は放送史研究がもともとアーカイブや資料等を保存する習慣がなかった放送界の現実を批判的に検討し、現在番組アーカイブ整備が進展し、アーカイブを利用した放送史研究が進展しつつある現況を確認した。そのうえで放送史をより豊穣なものにするうえでオーラルヒストリーの可能性を、①放送番組の成立・制作過程の解明、②「放送史」の「放送人史」からの捉え直し、③オーディエンス(視聴者)史のよる放送史の立体化の3点にまとめられた。
 廣谷氏は、放送初期の傑作である『私は貝になりたい』というドラマをめぐり、当時美術を担当していた坂上建司氏から詳細な聞き取りを行い、当時の制作現場での実践的な工夫をめぐる証言を明らかにした。「巣鴨拘置所の場面は全部創作」「インサートカットは舞台の幕」「狭いスタジオを有効に使う」「軍事裁判の楽屋裏」「予算も、時間も、材料もなかった」「13階段はスタジオ備品」等、興味深い内容がドラマ映像を並置しながら報告された。この報告は、米倉氏の指摘する②の可能性をめぐる事例研究の試みと言える。
 西村氏は、戦後日本初の民間放送である新日本放送スタッフ15名に対する聞き取りをもとにして報告された。それぞれの語りが整理され、インタビューで判明したこととして「関西のラジオとして、庶民性、反権力姿勢、娯楽を重視したこと」「1950年占領軍によるレッドパージの結果、新日本放送発足時にNHKから移行した人が多かったこと」「NHKに残留した人も、当時の組合対策や組合分裂で悩んだ人が多かったこと」などをあげられ、戦後の放送体制創成期においてフェミニズム、労働運動、営業等より具体的なテーマを加味した研究の必要性が主張された。
 その後、太田省一(社会学者)、八木良広(立教大学兼任講師)からのコメントをまじえ、討論を行った。十分な討議時間を確保できなかったが、放送史、放送という世界におけるオーラルヒストリーを用いた研究の可能性の広さや奥深さについては、フロアの人びとも含めて、共有されたのではないかと思う。(日本大学 好井裕明)

Ⅱ.総会報告
2014年度総会(第11回総会)
日時:2014年9月7日(日)12:15~13:00
場所:日本大学文理学部3号館 3306教室
会長挨拶、議長選出(舛谷鋭会員)の後、以下の議案が諮られた。

第1号議案 2013年度事業報告
2013年度(2013.9.1~2014.8.31)事業報告について、以下の諸点が報告、了承された。
 1.会員数の現状 新規入会者が17名あった。内訳は一般5名、学生他12名である。学会大会での発表や学会誌の執筆が目的で新入会する方が多かった。2年間の学会費未納による自動退会者等21名、自己申告退会2名。3月31日現在の会員は240名である。
 2.第11回大会の実施と第12回大会開催 第11回大会は、通例の9月開催を前倒しし、2013年7月27~28日の二日間にわたって立教大学新座キャンパスにて学会設立10周年記念大会として開催した。自由報告は4つの分科会に分かれ、14本の報告があった。大会初日には、記念テーマセッション「JOHA10 年 いまオーラル・ヒストリーを問いなおす―ヒストリーとストーリーのはざまで」をフロア参加型のワークショップ形式で行い、大会二日目には記念講演として、アーサー・フランク教授(カナダ・カルガリー大学)の「語りがたきを語る」を開催した。第12回大会については2014年9月6~7日の二日間、日本大学文理学部(東京都世田谷区)で開催することになった。広報活動としてA4判の掲示ポスターを作成した。後藤一樹会員にデザインを引き受けていただき、学会HPに掲載し、学会理事を中心に広報に努めた。
 3.学会誌9号の発行と10号の編集・発行について 2013年9月に学会誌第9号を発行し、会費納入会員へ郵送した。この9号より、学会がインターブックス社から300部を買い取り、インターブックス社が出版元・販売元になった。これによって出版費用を恒常的に格安に抑えることができた。10号の編集は例年通り校正終了し、会費納入済会員に対して、第12回大会参加者には会場にて、非参加者には郵送で配布される。
 4.ワークショップの開催 2013年度は単独のワークショップを行なわなかったが、2014年の学会大会の研究実践交流会をコーディネートするために研究委員会を開催し、委員のあいだで議論・検討を行なってきた。
 5.ニュースレターの発行 ニュースレターはJOHA11後JOHA12の間に25号(2013年12月15日)と26号(2014年8月23日)を発行した。広報委員2名が編集分担。会員メーリングリストでの配信を基本とし、郵送会員数名には事務局から郵送した。
 6.ウェブサイトの充実 前期に移行した新ウェブサイト(http://joha.jp/) を学会事務局と広報委員会が管理運営している。
 7.会員相互の交流の促進 会員メーリングリストを通じた会員相互の情報発信が適宜なされている。
 8.海外のオーラル・ヒストリー団体との交流 国際交流担当理事を中心に、海外のオーラル・ヒストリー団体との交流を促進し、会員に情報提供を行う。2014年7月にはISA世界社会学会(RC38)が横浜で開催され、JOHAメンバーも、セッション・オーガナイザーや報告者として参加した。

第2号議案 2013年度決算報告
2013年度(2013.4.1~2014.3.31)決算報告資料に基づき報告され、了承された。

第3号議案 2013年度会計監査報告
山田富秋監事と折井美耶子監事より「会計帳簿、預貯金通帳、関係書類一切につき監査しましたところ、正確で適切であることを認めましたので、ここに報告いたします」と報告があり、了承された。

第4号議案 2014年度事業案
2014年度(2014.9.1~2015.8.31)事業案について、以下の諸点が報告、了承された。
 1.会員の拡大と維持 年次大会やワークショップなどの実施を通じ、またこれらの情報を広報することによって、本学会の周知に努め、引き続き会員数の拡大を目指す。また、会員の維持と会費収入確保のため、大会後年内を目途に郵送による入金状況確認と会費納入の督促を行う。
 2.第12回大会の実施と第13回大会の準備 第12回大会を2014年9月6~7日の二日間にわたって日本大学文理学部(東京都世田谷区)において開催する。自由報告は4つの分科会に分かれ、20本の報告を予定している。研究実践交流会「オーラル・ヒストリーを用いた大学の教育実践」および、シンポジウム「オーラル・ヒストリーで編み直す放送史」を開催予定である。来年度の第13回大会については2015年9月12~13日の二日間にわたって大東文化大学板橋キャンパス(東京都板橋区)での開催を予定している。
 3.学会誌第11号の発行 学会誌第11号は、第6期理事会の編集委員会によって、JOHA12のテーマセッション内容と自由投稿をもとにして編集する方針である。
 4.研究会・ワークショップの開催 2014年度に多文化共生まちづくりとオーラル・ヒストリーをテーマにワークショップを開催することを計画し、そのための予備的な議論を委員会内で行なっている。また、学校教育関係者の学会への参加を視野におさめた研究活動についての議論を研究活動委員会で検討・提案をする予定である。
 5.ニュースレターの発行 JOHA12後に大会報告を中心にしたニュースレター第27号を、JOHA13前に大会プログラムを中心にした第28号の発行を予定している。
 6.ウェブ情報の充実と改善 学会ホームページをさらに見やすく整備するとともに、適宜更新していく。
 7.会員相互の交流促進 学会HPや会員メーリングリストの活用、ニュースレター配信を通じて、会員相互の交流を促進する。また、会員の出版、活動情報についても学会誌での書評等を通じて積極的に共有する。
 8.海外のオーラル・ヒストリー団体との交流 国際交流担当理事を中心に、海外のオーラル・ヒストリー団体との交流を促進し、会員に情報提供を行う。
 9.理事選挙 今年度は理事改選期にあたる。2015年3月末に選挙権・被選挙権の確認を行い、現理事の任期満了の2ヶ月前までに第7期理事選挙を行う。
 10.学協会誌の電子化事業 学協会誌の電子図書館事業が2016年度に終了となるが、本学会の対応について理事会内にワーキンググループを立ち上げ、議論を進めていく。

第5号議案 2014年度予算案
2014年度(2014.4.1~2015.3.31)の予算案資料に基づき提案され、了承された。(事務局長 川又俊則)

Ⅲ.理事会報告
第六期JOHA第4回理事会議事録
日時:2014年9月6日(土)11:00~12:00
場所:日本大学文理学部(3号館)
参加:好井、赤嶺、有末、岩崎、小倉(議事録)、川又、川村、塚田、橋本、宮崎、八木、和田
欠席(委任):小林、田中、桜井

1.議事録記載者確認(詳細は略)
2.学会大会について
(1)日程・会場等確認 (2)総会議案確認
3.各委員会報告
(1)編集委員会 (2)研究活動委員会 (3)広報委員会
4.事務局報告
(1)入会、異動
5.その他
(1)今後の理事会予定 (2)次期理事選挙について(事務局長 川又 俊則)

Ⅳ.お知らせ
1.『日本オーラル・ヒストリー研究』 第11号投稿募集
 論文、研究ノート、聞き書き資料、書評、書籍紹介の原稿を募集いたします。
 掲載を希望される方は第10号の投稿規定・執筆要項を参照の上、編集委員会まで原稿をお送りください。学会大会での発表者のみなさんをはじめ、多くのみなさまのご応募をお待ちしています。
 締め切り:2015年3月31日(火曜日)
 応募原稿送付先および問い合わせ先は以下の通りです。

日本オーラル・ヒストリー学会編集委員会
〒464-8662 名古屋市千種区星ヶ丘元町17-3 椙山女学園大学国際コミュニケーション学部 塚田守研究室内
メールアドレス mamoru[at]sugiyama-u.ac.jp (編集委員長 塚田 守)

2.国際交流委員会から
<ISA2014 横浜大会の報告>
 国際社会学会ISAは2014年7月13日から19日までパシフィコ横浜で第18回大会を開催しました。JOHAに関係の深いRC38「Biography and Society」は 11のセッションと3つのジョイント・セッションを持ちましたが、そのなかにJOHA会員の塚田守さん、山田富秋さん、橋本みゆきさんの発案で開かれることになったセッション「Understanding Social Problems through Narratives by Insiders」がありました。このセッションはとりわけ報告希望者が多く集り、ドイツ、フィンランド、ノルウェイ、オランダ、トルコ、ブラジル、日本の計7カ国から14名が多様な社会問題についての研究報告をしました。一人一人の報告時間が短かったのが惜しまれますが、世界各地でライフストーリー・インタビューや質的調査にたずさわる報告者たちの研究成果と調査にかける熱意が満席の会場で共有され、大変意義深いセッションとなりました。
 次回は、2018年にカナダ・トロントで開催されます。また中間会議が2016年7月にウィーンで開かれますので、ぜひご参加ください。

<海外学会情報>
【Oral History Society】イギリス オーラルヒストリー学会2015
イギリスのオーラルヒストリー学会(Oral History Society)の2015年大会は7月にイギリスのロンドン大学Royal Hollowayで開催されます。詳しくは学会HPをご覧ください。
Oral History Society HP http://www.ohs.org.uk/
 2015年7月10日‐11日 於・ロンドン大学
 大会テーマ: Oral Histories of Science, Technology and Medicine
【Oral History Association】アメリカ オーラルヒストリー学会2015
アメリカのオーラルヒストリー学会 Oral History Association 第18回大会は2015年10月にフロリダ州タンパで開かれます。
詳しくはOHAのHPを参照ください。http://www.oralhistory.org/
 2015年10月14日-18日  於・フロリダ州タンパ
【ISA】国際社会学会2016
国際社会学会International Sociological Associationは、2016年7月にオーストリアのウィーン大学において、第3回中間会議「ISA Forum of Sociology」を開催します。
詳細は学会HPをご覧ください。
学会HP http://www.isa-sociology.org/forum-2016/
 2016年7月10日‐16日  於・オーストリア ウィーン大学
Call for Sessions 期間: 2015年1月15日―2月15日
 Call for Papers 開始: 2015年4月7日
 Abstract申込み期間: 2015年6月3日―9月30日
email-address  biography-and-society[at]gmx.de (国際交流委員長 小林多寿子)

3.会員異動(略)
※連絡先(住所・電話番号・E-mail アドレス)を変更された場合は、できるだけ速やかに事務局までご連絡ください。 (事務局長 川又俊則)

4.2014年度(2014.4.1~2015.3.31)会費納入のお願い
 いつも学会運営へのご協力ありがとうございます。
 本学会は会員のみなさまの会費で成り立っています。今年度の会費が未納の方におかれましては、何とぞご入金のほどよろしくお願いいたします。なお、先日発行しました学会誌は、2014年度会費入金の確認後、発送いたします。
■年会費
一般会員:5000 円、学生他会員:3000 円
*年会費には学会誌代が含まれています。
■ゆうちょ銀行からの振込先
口座名:日本オーラル・ヒストリー学会
口座番号:00150-6-353335
*払込取扱票(ゆうちょ銀行にある青色の振込用紙)の通信欄には住所・氏名を忘れずにご記入ください。
*従来の記号・番号は変わりありません。
■ゆうちょ銀行以外の金融機関から振り込む際の口座情報
銀行名:ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900
店番:019
店名(カナ):〇一九店(ゼロイチキュウ店)
預金種目:当座
口座番号:0353335
カナ氏名:(受取人名):ニホンオーラルヒストリーガツカイ

 郵便払込・口座振込の控えで領収書に代えさせていただきます。控えは必ず保管してください。
 学会会計全般について、またご自身の入金状況を確認したい場合は、会計担当の八木良広(電子メール: yy.joha[at]gmail.com)へお問い合わせください。(会計 八木良広)

JOHA13(第13回学会大会)自由報告エントリー募集

リンク

JOHA第13回大会の自由報告の報告者(英語報告部会を含む)を募集します。
報告を希望する会員は、氏名・所属(あるいは職業)・住所・電話番号等・報告種別(個人・共同)・報告タイトル(日本語および英語)、報告要旨(300字、日本語)、情報機器利用の有無を添えて、以下の手続きでお申し込みください。
申込は電子メールにファイルを添付して、または郵送でお願いします。
申込資格は、申込時点でJOHAの会員であること、および2015年度会費納入済みであることです。
締切は5月15日(金)(必着)です。

◆第13回日本オーラル・ヒストリー学会大会
日時:2015年9月12日(土)~13日(日)
   12日(土)午後:自由報告・研究実践交流会・懇親会
   13日(日)午前:自由報告、午後:総会・シンポジウム
 自由報告部会:12日(土)13:00~15:00、13日(日)9:00~12:00(両日とも予定)
会場:大東文化大学・大東文化会館(東武東上線東武練馬駅前)
   〒175-0083 東京都板橋区徳丸2丁目4-21 
 ※昨年の学会総会およびニュースレターでは「大東文化大学板橋キャンパスを予定」としていましたが、
  会場は駅近の大東文化会館に変更となりました由、ご了承ください。
問い合わせ先:日本オーラル・ヒストリー学会事務局(下記参照)

◆自由報告申し込み手続き
1.申込用紙をダウンロードして必要事項を記入し、メール添付で、必ず
JOHA事務局 川又俊則(joha.secretariat[at]ml.rikkyo.ac.jp)と
研究活動委員会委員長 和田悠(yuwada[at]rikkyo.ac.jp)の両方宛にお送りください。
折り返し、事務局より受付の返信をします。返信がない場合は、ご面倒でもお問い合わせください。
 ※迷惑メール防止のため[at]としております。実際のメールは[at]の部分は@を入力ください。  

2.メールで連絡できない方は、申込用紙をJOHA事務局へ郵送してください。受領連絡が必要な場合は返信用ハガキを同封してください。

〒510-0298 三重県鈴鹿市郡山町663-222 鈴鹿短期大学 川又俊則研究室 
 日本オーラル・ヒストリー学会事務局

◆申込用紙はこちら→JOHA13entry

『日本オーラル・ヒストリー研究』第11号投稿募集

論文、研究ノート、聞き書き資料、書評、書籍紹介の原稿を募集いたします。
掲載を希望される方は第10号の投稿規定・執筆要項を参照の上、編集委員会まで原稿をお送りください。学会大会での発表者のみなさんをはじめ、多くのみなさまのご応募をお待ちしています。
締め切り:2015年3月31日(火曜日)
応募原稿送付先および問い合わせ先は以下の通りです。
日本オーラル・ヒストリー学会編集委員会
〒464-8662 名古屋市千種区星ヶ丘元町17-3 
椙山女学園大学国際コミュニケーション学部
塚田守研究室内
メールアドレス mamoru[at]sugiyama-u.ac.jp ([at]の部分を@に替えて送信してください)

JOHA編集委員長

JOHAニュースレター第26号

JOHAニュースレター 第26号
2014年8月25日発行

 日本オーラル・ヒストリー学会第12回大会(JOHA12)が、2014年9月6日(土)、7日(日)の2日間にわたり、日本大学文理学部(下高井戸・桜上水)において開催されます。今回は、自由報告部会のほかに、6日の午後に研究実践交流会「オーラル・ヒストリーを用いた大学の教育実践」、また7日午後には、シンポジウム「オーラル・ヒストリーで編み直す放送史」を準備しております。皆様、お誘い合わせのうえ、ふるってご参加ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                       
【大会開催校からのご挨拶】
日本オーラル・ヒストリー学会長  好井 裕明(日本大学)
 JOHA会員のみなさま、残暑お見舞い申し上げます。9月6日(土)、7日(日)に日本大学文理学部キャンパスで第12回大会を開催いたします。新宿から京王線快速および各駅停車で10分、下高井戸駅下車徒歩10分という至近距離ですが、閑静な住宅街に囲まれたこじんまりとしたキャンパスです。今回は20名もの自由報告があり、実践交流会での報告議論とあわせて、活発でかつ生産的なやりとりが行われることを期待しています。7日午後の大会シンポジウムもNHK放送文化研究所のご協力をいただき、放送史という新たなジャンルにおけるオーラル・ヒストリーの可能性を考えたいと思っています。会場をサポートする教員や院生の数は多くなく十分なおもてなしの体制はできませんが、できるだけみなさんが快適に学会を過ごしていただけるよう努力いたします。まだまだ残暑が厳しいとは思いますが、一人でも多くの方に参加していただけることを祈念しています。

<第1日目 9月6日(土)>
12:00      受付開始 3号館
13:00~15:30 自由報告(第1分科会、第2分科会)
15:40~17:40 研究実践交流会「オーラル・ヒストリーを用いた大学の教育実践」(3307教室)
 報告者     梅崎修(法政大学キャリアデザイン学部)
 コメンテイター 塚田守(椙山女学園大学)
 司会      和田悠(立教大学)
18:00~20:00  懇親会(日本大学文理学部キャンパス内:カフェテリア・チェリー)
<第2日目 9月7日(日)>
9:00      受付開始  3号館
9:30~12:00 自由報告(第3分科会、第4分科会) 
12:15~13:00  総会  (3306教室)
13:00~13:20  昼食休憩(3303教室、他) 
13:20~16:00  シンポジウム「オーラル・ヒストリーで編み直す放送史」(3307教室)
 報告者
  1.放送史研究における資料の現状とオーラル・ヒストリーの可能性
   米倉律(日本大学法学部)
  2.オーラル・ヒストリーを用いた初期テレビドラマ研究の試み~『私は貝になりたい』(TBS,1958年)の事例を中心に~
   廣谷鏡子(NHK放送文化研究所主任研究員)
  3.日本初の民間放送、新日本放送スタッフへのヒアリング
   西村秀樹(近畿大学客員教授) 
 討論者 太田省一(社会学者)、八木良広(立教大学兼任講師)
 司会  好井裕明(日本大学)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ⅰ.日本オーラル・ヒストリー学会 第12回大会 概要
 Japan Oral History Association 12th Annual Conference

開 催 日:2014年9月6日(土)~7日(日)
開催場所:日本大学文理学部3号館(東京都世田谷区)
アクセス:京王線下高井戸駅・桜上水駅徒歩8分 
参 加 費:会員      1,000円(1日参加、2日参加共)
     非会員・一般  2,000円(1日参加は1,000円)
非会員・学生他 1,000円(1日参加は 500円)
懇親会費:一般 4,000円、学生他 2,000円
大会実行委員会 開催校担当・会長:好井裕明、開催校担当:中村英代、山北輝裕
        学会事務局:川又俊則、研究活動委員会委員長:和田悠、会計:八木良広

○参加者へのお願い:
1)参加にあたっては、会員・非会員とも事前の申し込みは必要ありません。
2)近隣の食堂等をご利用いただくなど、昼食は各自でご用意ください。
3)自由報告は、報告20分・質疑応答10分(合計30分)で構成されています。

○自由報告者へのお願い:
1)当日配布資料がある場合、その形式は自由です。ただし、開催校では資料を印刷いたしません。報告者ご自身で当日持参いただき、会場担当者へお渡しください(50部ほどご準備ください)。
2)各会場にパソコンを準備しておりますので、ご利用の場合、USBメモリ等にプレゼンテーション資料をお持ちください(ご自身のPC等をご使用の場合、RGBケーブル接続のみでUSBなどの接続方式には対応しておりません。必要な方は変換アダプター等もご準備ください。念のため資料を保存したUSBメモリ等もご持参ください)。動作確認等は、各分科会の開始以前にお願いいたします。会場担当者にご相談ください。

学会大会に関してご不明な点がございましたら、JOHA事務局(joha.secretariat(at)ml.rikkyo.ac.jp、Fax059-390-3903)までお寄せください(メールの場合(at)を@に変えてください))。

1.大会プログラム
<第1日目 9月6日(土)>
12:00      受付開始 3号館
13:00~15:30 自由報告(第1分科会、第2分科会)

○第1分科会 (3308教室) 司会:鶴田 真紀(1~2報告)・赤嶺 淳(3~5報告)
1.聞き書きによる文化継承の過程―「聞き書き甲子園」の事例検討を通して―
石村華代(九州ルーテル学院大学)
2.ボランティアと仕事のあいだ―被災地で支援活動をした保育者たちの経験―
岩崎美智子(東京家政大学)
3.東北からの声(Voices from Tohoku: A 3.11 video archive from 10 different communities)
David H. Slater、デビット H. スレイター(上智大学国際教養学部)
4.オーラルヒストリーとオーラルトラディション―東日本大震災後の語り部の記録―
(Oral history and oral tradition: Documenting post-3.11 kataribe storytelling)
マヤ ヴェセリッチMaja VESELIČ(上智大学比較文化研究所)
5.東北からの声―福島の母親たちのアクティビズム―
(Voices from Tohoku: Activism among mothers in Fukushima)
彈塚 晴香(東京大学大学院)

○第2分科会(3310教室) 司会:宮崎 黎子(1~3報告)・滝田 祥子(4~5報告)
1.将校になる―ある「学徒兵」のライフヒストリー―
   渡辺祐介(立命館大学大学院)
2.証言映像を捉え直す―「東京大空襲証言映像マップ」を通して―
山本唯人(東京大空襲・戦災資料センター)
3.長崎県生月島のかくれキリシタン信者のライフ・ヒストリー
小泉優莉菜(神奈川大学大学院)
4.開拓が生みだすもの―戦後入植のフォークロア―
藤井和子(関西学院大学大学院)
5.アーカイブズとオーラルヒストリー―文書等と聞き取り調査―
嶋田典人(香川県立文書館)

15:40~17:40 研究実践交流会「オーラル・ヒストリーを用いた大学の教育実践」(3307教室)
 報告者     梅崎修(法政大学キャリアデザイン学部)
 コメンテイター 塚田守(椙山女学園大学)
 司会      和田悠(立教大学)
【開催趣旨】
今年度の研究実践交流会では、オーラル・ヒストリーを活用した大学教育の実践をとりあげたい。オーラル・ヒストリーを導入した大学の授業はいかに展開しているのか、学生たちはオーラル・ヒストリーを実践し、その学知にふれるなかで、どのように成長していくのか、具体的な大学の教育実践について議論することで、オーラル・ヒストリーの方法や射程を考えることを課題としたい。
 話題提供者に梅崎修氏にお願いした。梅崎氏はオーラル・ヒストリーを積極的に活用し、労務管理・労使関係、日本的雇用の歴史的実態のダイナミズムを解明する研究に従事する一方で、法政大学キャリアデザイン学部・梅崎ゼミとして「神楽坂」を舞台に「まちづくりとオーラル・ヒストリー」という観点で共同研究を試みてきた。学生たちが主体となりタウン誌も発行している。今回は梅崎ゼミでの取り組みについて報告をしていただく。
 コメンテーター(サブ報告)として、『就活女子』(ナカニシヤ出版、2013年)の編者である塚田守(ツカダマモル)氏にお願いした。リアルな女子大生の就活の実態について、女子大生の自分史を通じて肉薄した書として注目を集めている同書であるが、その前提には塚田氏の女子大生に対するケアを含むゼミづくりがあり、オーラル・ヒストリーは塚田氏(ゼミ)にとっての教育方法となっている。
 報告とコメントを受けて全体討論に移りたい。オーラル・ヒストリーを活用した教育実践の経験(地域女性史もその一つであろう)が積極的に交流されることを期待している。

18:00~20:00  懇親会(日本大学文理学部キャンパス内:カフェテリア・チェリー)

<第2日目 9月7日(日)>
9:00      受付開始  3号館
9:30~12:00 自由報告(第3分科会、第4分科会) 

○第3分科会(3308教室) 司会:橋本 みゆき(1~3報告)・山村 淑子(4~5報告)
1.統合失調症の娘を抱える両親の語り
青木秀光(立命館大学大学院、日本学術振興会特別研究員)
2.四国遍路のライフストーリー―流動化する社会と自己アイデンティティ―
後藤一樹(慶應義塾大学大学院)
3.被差別部落の人間形成と義務教育―神戸市内の夜間中学に学んだ男性の語りに焦点を当てて―
江口怜(東京大学大学院)
4.「女らしい文化」を生きる―髪を喪失した女性たちのライフストーリー―
吉村さやか(聖心女子大学大学院)
5.在韓結婚移住女性のライフストーリー―結婚移住のプロセスと意味―
具美善(一橋大学大学院)

○第4分科会(3310教室) 司会:有末 賢(1~2報告)・山本 須美子(3~5報告)
1.妄想と現実の交差点にみる女性オタクのセクシュアリティ― 一人の台湾人女性オタクのライフストーリーから―
張瑋容(御茶の水女子大学大学院)
2.マンガ家のライフストーリーに見る戦後マンガ史
池上賢(立教大学兼任講師)
3.もてなし文化の民俗学的研究―京都北野上七軒の舞妓の聞き取りを中心に―
中原逸郎(京都楓錦会)
4.1960~90年代の舞踏グループのオーラル・ヒストリー―舞踏を生み出した日々の実践―
ケイトリン・コーカー(京都大学大学院)
5.別子銅山社宅街(東平社宅)における昭和の生活史
竹原信也(奈良工業高等専門学校)

12:15~13:00  総会  (3306教室)
13:00~13:20  昼食休憩(3303教室、他) 
13:20~16:00  シンポジウム「オーラルヒストリーで編み直す放送史」(3307教室)
【企画趣旨】
 日本で放送が始まってから来年(2015年3月)で90年の節目を迎える。
日本の現代史にほぼ重なる放送の歴史的展開を辿るうえで、オーラルヒストリーの可能性が注目されるようになっている。放送史研究においては、これまで放送番組(映像・音声)のアーカイブや、関連する文書・書籍が資料として用いられてきた。しかしそれらだけで、放送の歴史的展開とその社会的、文化的意味を探ることには限界がある。 
 放送史に関わってきた多様な立場の人々の証言を収集・分析することによって、①文書資料に記録されていない事実関係を埋める、②放送番組が制作された社会的文化的背景に光を当てる、③多様な職種によって担われてきた制作現場の実相に迫る、といったことが可能になる。また、オーディエンス(受け手)研究においてもオーラルヒストリーは大きな可能性を持つ。
 本シンポジウムでは、放送史研究におけるオーラルヒストリーの可能性について、幾つかの研究事例や証言のデジタル・アーカイブ化に関する報告を踏まえながら、テレビ文化を研究する社会学者、オーラルヒストリー研究の専門家も交えて議論を深め、今後に向けての研究の方向性や課題、隣接諸分野との連携の可能性などについて考えたい。

【報告内容】
1.放送史研究における資料の現状とオーラルヒストリーの可能性
  米倉律(日本大学法学部)
2.オーラルヒストリーを用いた初期テレビドラマ研究の試み~『私は貝になりたい』(TBS,1958年)の事例を中心に~
  廣谷鏡子(NHK放送文化研究所主任研究員)
3.日本初の民間放送、新日本放送スタッフへのヒアリング
  西村秀樹(近畿大学客員教授) 

 討論者 太田省一(社会学者) 八木良広(立教大学兼任講師)
 司 会 好井裕明(日本大学)

2.自由報告要旨
○第1分科会(3308教室) 司会:鶴田 真紀(1~2報告)・赤嶺 淳(3~5報告)
※第1分科会の3~5の報告は、3つの報告を連続して行い、その後、質疑応答をまとめて30分行う形にします。この3つの報告はすべて英語で行われます。

1.聞き書きによる文化継承の過程―「聞き書き甲子園」の事例検討を通して―
Process of Cultural Succession through an Oral History Interview―A Case Study
on “Kikigaki-Koushien”
  石村華代(ISHIMURA Kayo 九州ルーテル学院大学)
本研究では、文化継承に関する新たな取り組みとして、社会教育活動である「聞き書き甲子園」に着目する。これは、高校生が海・山・川の名人に対して仕事に焦点を当てた聞き書きを行い、その成果を発表するという流れで行われる社会教育活動である。高校生と名人が関わる場を丹念に記述していくことによって、より具体的に、この活動のただ中でどのような出会いが生じているのかを考察した。その結果、親和性/異質性へのたえざる揺らぎの中で老年者から若者への文化継承が行われうることが明らかになった。また、聞き手である高校生が語り手である名人の仕事と人生に敬意を払い、そのことばに耳を澄まし、時をともに過ごすなかで、両者のあいだに祖父母的世代継承性を含んだつながりが生まれることが看て取れた。

2.ボランティアと仕事のあいだ―被災地で支援活動をした保育者たちの経験―
Between Volunteer and Profession :Experiences of Nursery Teachers Who Support
for Victims of Earthquake and Tsunami at Day Care Center
  岩崎美智子(IWASAKI Michiko 東京家政大学)
東北地方の被災地に赴き保育所で数か月~1年の間支援活動をおこなった保育者たちの語りをとおして、援助する側からみた「支援」について考察する。保育者が一定期間被災地で支援活動をすることは、ボランティア活動なのか、それとも職業活動の一環なのだろうか。ボランティア(普通の人)として活動することと職業人(専門家)として働くことの相違を軸にして、被災者と支援者との関係性、連帯を志向した支援者が支援するなかで孤立を深めていくこと、被災者と支援者の協働の可能性といった問題についても分析を試みる。

3.東北からの声
Voices from Tohoku: A 3.11 video archive from 10 different communities
  デビットH.スレイター(David H.Slater 上智大学国際教養学部)
2011年の春に始動した我々のプロジェクトについてご報告致します。このプロジェクトでは岩手・宮城・福島などの3.11で被害が大きかった地域でインタビューを実施し、そのビデオ記録を集めており、既に採集した記録は日本で最大と考えられる規模である、400時間を超えています。私たちの現段階での最終報告としては、データ採集の課題(コーディングまでの工程やビデオの効果が最大に発揮される部分のタグ付けについて)や、インタビューを実施した地域の方々を始め、どのように東京あるいは日本国内や海外で観衆の対象を広げていくかについてお話致します。
This is a report of our project, beginning in the spring of 2011, to collect video oral narratives from 3.11 affected areas from Iwate, Miyagi and Fukushima. We have now collected more than 400 hours of ethnographic interviews, maybe the most of its kind in Japan. Our report will be on the complexity of ethnographic data collection; the process of coding and tagging to maximum effect; and the politics of representation for both a local Tohoku audience, and then how to expand that audience to Tokyo and abroad.

4.オーラルヒストリーとオーラルトラディション―東日本大震災後の語り部の記録―
Oral history and oral tradition: Documenting post-3.11 kataribe storytelling
  マヤ ヴェセリッチ (Maja VESELIČ 上智大学比較文化研究所)
このプレゼンテーションでは東北の声のビデオアーカイブの中から、被災地の語り部の方々のインタビュー及び実際の語りの様子をご紹介致します。語り部の方々、また私たち研究者がそれぞれいかにして東日本大震災の「生の声」を残そうとしているか、その共通点や違いについて分析しています。
This presentation will examine the small part of the Voices from Tohoku video collection that focuses on kataribe storytellers in the disaster areas. In addition to the interviews with such individuals, the archive also includes few recordings of their performances. I will discuss the material we have gathered by reflecting on similarities and differences in the efforts of both, researchers and kataribe to preserve and share the first-hand experiences of the Great East Japan disaster and its aftermath.

5.東北からの声―福島の母親たちのアクティビズム―
Voices from Tohoku: Activism among mothers in Fukushima
  彈塚 晴香(DANZUKA Haruka 東京大学大学院)
このレポートはスレーター教授の元で行っている「東北からの声」プロジェクトの中から、特に福島のお母さんたちにスポットを当てたものです。放射能による子供の健康被害を心配して政治や教育現場に対して声を上げているお母さん達の苦悩、またコミュニティーや家族との関係の変化など、お話を聞いた中で浮かび上がってきた現状をご紹介致します。
This report will be based on the oral narrative project “Voices from Tohoku” with Professor Slater, especially focusing on mothers in Fukushima who are active in raising voices to the government and board of education for a change in policies to protect their children from the dangers of radiation. From the narratives collected from young Fukushima mothers, this report will be on the dilemmas that these mothers had to face, changing relationships between their families and community, and their struggles of being forced to make decisions out of inevitably bad choices.

○第2分科会(3310教室) 司会:宮崎 黎子(1~3報告)・滝田 祥子(4~5報告)

1.将校になる―ある「学徒兵」のライフヒストリー―
Becoming a Commissioned Officer: The Life History of a “Student-Soldier”
  渡辺祐介(WATANABE Yusuke 立命館大学大学院)
本報告では、昭和18年の「学徒出陣」に際して海軍を志願し、海軍兵科第四期予備学生に採用された「学徒兵」B氏のライフヒストリーについて述べる。海軍予備学生については既に多数の遺稿集や回顧録などが公刊されているが、配属先によって当事者の境遇には雲泥の差があった。B氏は海軍少尉任官後、横須賀海兵団に配属され、悲惨な戦闘や激しい空襲を体験することなく大船で敗戦を迎えた。将校になれたことを名誉に思っているB氏の戦争体験の語りは、懐古調ゆえに、「学徒兵」が戦時体制を支えていったミクロの社会過程を明瞭に辿ることができる。B氏のライフヒストリーから、「学徒兵」と軍隊の親和性について考察する。

2.証言映像を捉え直す―「東京大空襲証言映像マップ」を通して―
Re-understanding testimony videos: A Case of “Tokyo Air Raids Oral History Map”
  山本唯人(YAMAMOTO Tadahito 東京大空襲・戦災資料センター)
東京都江東区に所在する民立資料館、東京大空襲・戦災資料センターでは、2014年3月、c-locと呼ばれるソフトウエアを活用し、空襲体験者の証言映像をモニタ画面上の3D地図を通して視聴する、「東京大空襲証言映像マップ」という証言映像アーカイブを公開した。本報告では、このアーカイブの操作をスライド画面上で実演し、その概要を説明すると同時に、オーラル・ヒストリーの新たな視聴方法の開発が、その研究にもたらす可能性について考えたい。

3.長崎県生月島のかくれキリシタン信者のライフ・ヒストリー
A Life History of “Kakure-Kirishitan” believer in Nagasaki Prefecture, Ikitsuki Island
  小泉優莉菜(KOIZUMI Yurina 神奈川大学大学院)
1549年に伝来したキリスト教は、江戸幕府によって弾圧された。信者たちは潜伏し、その信仰を伝承した。250年にも渡り指導者のいない中で伝承された信仰は、日本の風土などと混淆し、現在では「かくれキリシタン信仰」として伝承されている。
そのような背景を持つ信仰であるため、信者は信仰については積極的に語ることをしない。発表者は数年に亘り調査を重ねることで、彼らと打ち解け、信者から信仰に関するオーラル・データを得ている。
本発表ではこの信仰を村川要一氏(89)の個人史から考察する。伝承断絶の危機にある今、氏の信仰観から、信仰の現状など、先行研究では注目されてこなかった「個」とかくれキリシタン信仰との繋がりを示す。

4.開拓が生みだすもの―戦後入植のフォークロア―
Outcomes of Settlement ― Postwar Pioneers’ Folklore
  藤井和子(FUJII Kazuko 関西学院大学大学院)
敗戦直後の日本は、食糧も仕事も住宅も不足し、それへの緊急対策の一つとして各地で戦後開拓が推し進められた。戦後開拓については、農村社会史や歴史社会学を中心に一定の研究蓄積が見られるが、本報告では、長崎県壱岐市、大村市、茨城県東茨城郡、沖縄県石垣市での現地調査にもとづき、開拓という営みを通して人びとがどのようなフォークロアを生み出したのか、という観点からの考察を行なう。開拓とは単に土地を切り拓き営農することではなく、何もなかったところに人々が創意工夫して生活を構築し続け、その中からさまざまなフォークロアを生み出してゆく(あるいは、生み出せなかった)過程であり、そこで生み出され、生きられた経験・知識・表現には、「生の芸術(art brut)」にも通ずる性格を持ったものが含まれていることを論じる。

5.アーカイブズとオーラルヒストリー―文書等と聞き取り調査―
Archives and Oral history― Documents and Hearing research
  嶋田典人(SHIMADA Norihito 香川県立文書館)
戦争体験や民俗の聞き取り調査の際、話し手の語りの中で最も聞き手にインパクトを与える場面は、現在体験できない過去、非日常である場合が多い。臨場感があり、聞き手に強く印象づける。文書等アーカイブズ(記録資料)で知りえない生の声であり、かつ動的である。オーラルヒストリーについては、報告書の所属する香川近代史研究会の取り組みを報告する。原爆被爆体験、真珠湾攻撃艦上攻撃機の搭乗員、ビルマ戦と捕虜、日中戦争、シベリア抑留など報告者も関わった聞き取りの活動を報告する。また、普段、勤務の中で取り扱う公文書や写真資料などのアーカイブズとオーラルヒストリーの関係にも言及する。

○第3分科会(3308教室) 司会:橋本 みゆき(1~3報告)・山村 淑子(4~5報告)

1.統合失調症の娘を抱える両親の語り
The Narrative of Parents Who Have a Daughter with Schizophrenia
  青木秀光(AOKI Hidemitsu 立命館大学大学院、日本学術振興会特別研究員)
本報告では、20代で統合失調症を発症した娘を抱え、数十年間という歳月を共に歩んできた彼女の父親・母親からのインタビュー調査と参与観察をもとに、彼らがどのような困難や喜びなど様々な思いを抱えつつ日々の生活をしているのか。または、どのような意味世界を生きているのかにつき考察を行う。当該解釈の際に、報告者がフィルードで直面した自身の感情(共感や違和感など)を反省的に捉えかえすことで自己をある種のフィールドワークの「道具」として用いる。そこでは、報告者と父親と母親という共同で作り上げる一回性の語りが豊かに生成されることを重視した。

2.四国遍路のライフストーリー―流動化する社会と自己アイデンティティ―
Life Stories of the Shikoku-Henro Pilgrims: Liquid Modernity and Self-identity
  後藤一樹(GOTO Kazuki 慶應義塾大学大学院)
本報告では、四国遍路を「自己のアイデンティティを再帰的に構築するいとなみ」と位置づけ、複数の歩き遍路に対する聞き取り調査をもとに、現代社会における遍路の意味を個々の遍路者のライフストーリーから明らかにする。
四国遍路は第一に、巡礼者同士が自己の人生を語り合うことによって「自己物語」を構築するプロセスである。第二に、「歩く」という身体行為をコントロールすることによる自己の再構築プロセスである。遍路においては、「歩く身体」「お経をあげる身体」が巡礼者に意識的にモニタリングされている。
後期近代社会において自由になると同時に不安定化した生活者は、様々な社会的問題を個人で解決しなければならない。その際、四国遍路は象徴的変容を伴った自己アイデンティティの再帰的構築作業として経験されていると考えられる。

3.被差別部落の人間形成と義務教育―神戸市内の夜間中学に学んだ男性の語りに焦点を当てて―
Human formation and compulsory education in Buraku: Focusing on narratives of a man graduated from junior high night school in Kobe city
  江口怜(EGUCHI Satoshi 東京大学大学院)
1940年代末、新制中学校における不就学・長期欠席問題への対策として各地に草の根的に夜間中学が開設されたが、神戸市はGHQ兵庫県軍政部の後押しによって部落改善事業の一環として丸山中学校西野分教場(後に西野分校)を開設した。本報告では、西野分校の開設された被差別部落に生まれ、1950年からそこに2年間通い、学校を中退してその地域で長く靴仕事に携わり、70代になって再び西野分校に再入学をして平仮名から学び、卒業した男性の語りに焦点を当てて、被差別部落における人間形成のありようとそこで義務教育が持った意義について考察したい。

4.「女らしい文化」を生きる―髪を喪失した女性たちのライフストーリー―
Living with “Feminine Culture”―Through Bald Women’s Life Stories―
  吉村さやか(YOSHIMURA Sayaka 聖心女子大学大学院)
本報告では、髪を喪失した女性たちの日常生活世界をライフストーリー調査によって可視化することを通して、彼女たちの抱える「曖昧な生きづらさ」と、それが生み出される背後にある社会・文化の構造をジェンダーの視点から検討することを目的とする。
これまでにも髪の喪失についての社会学的研究は少数ながらなされてきたが、その多くは男性の場合に特化しており、女性に関する研究は極めて少ない。その反面、既存研究では、髪の喪失は男性よりも女性の場合のほうが深刻であることと同時に、女性の髪の喪失についての語りづらさ/語りにくさが指摘されてもいる。本報告ではそのような点に注目しながら、これまで社会的に見えにくい存在とされてきた彼女たちのライフストーリーを読み解く。

5.在韓結婚移住女性のライフストーリー―結婚移住のプロセスと意味―
Life Stories of Female Marriage Migrants Living in South Korea : The Process and Significance of Cross-Border Marriage
  具美善(KU Misun 一橋大学大学院)
本研究は、韓国の農村地域に居住するアジア出身結婚移住女性3人のライフストーリーから、彼女たちがいかにして国境を超えたのか、自ら結婚移住をどのように意味づけているかについて考察したものである。韓国では、1990年代後半以降「嫁不足」に悩む農村部を中心に韓国人男性と途上国出身女性との国際結婚が広がり、社会的な問題として注目されるようになった。しかし、結婚移住女性は、もっぱら 「人身売買の被害者」、「判断能力不十分者」として見られ、彼女たちの多様な顔や主体的な行為は見落とされてきた。このような問題意識から本研究では、彼女たちが本人を取り巻く構造や環境を理解し、自分なりに解釈し、その解釈の上で結婚移住に関わったことを明らかにする。

○第4分科会(3310教室) 司会:有末 賢(1~2報告)・山本 須美子(3~5報告)

1.妄想と現実の交差点にみる女性オタクのセクシュアリティ ―一人の台湾人女性オタクのライフストーリーから―
Analyzing sexuality of female “Otaku” from the intersection of fantasy and reality: A case study of a Taiwanese female Otaku’s life story
  張瑋容(CHANG Weijung お茶の水女子大学大学院)
マンガ・アニメ・ゲームをめぐる「オタク文化」に関する議論において、こうした「二次元」作品を構築する諸要素に含まれるセクシュアルな記号、及びそれらに対するオタクの欲望が重要な位置を占めている。作品と現実世界を行き来する儀式としてのオタク「妄想」には様々な形やジェンダー差異などもあるが、本稿では一人の台湾人女性オタクがオタクとして生きてきたライフストーリーを取り上げ、彼女はいかに二次元作品の諸記号をセクシュアルに妄想することを通じて、女性オタクとしてのセクシュアリティを構築してきたかを解明し、さらに台湾人女性オタクという彼女の立場に着目し、妄想と現実の交差にみるセクシュアリティの構築を台湾における日本オタク文化の受容に位置づけて分析する可能性の提示を試みたい。

2.マンガ家のライフストーリーに見る戦後マンガ史
The History of Manga after World War II Seen in the Life-Story of A Manga Artist
  池上賢(IKEGAMI Satoru 立教大学兼任講師)
筆者は、これまでの研究でマンガに関する経験が、人々にとってアイデンティティのリソースになることを明らかにした。この知見からは、送り手であるマンガ家について、新たな論点が析出された。
第1に人々のアイデンティティのリソースとなるメディアにおける情報(特に物語)を送り手がどのように制作しているのか。第2に、制作過程において、送り手が関与している社会的・歴史的文脈がどのようなものであるか。第3に、マンガ家がどのようなアイデンティティをどのように構成してきたのか。以上の3点である。
 本報告では、上記の問いに答えるため、少年マンガで人気を博したのち、実用マンガや小説などにおいても活躍してきたマンガ家S氏のライフストーリーを分析する。

3.もてなし文化の民俗学的研究―京都北野上七軒の舞妓の聞き取りを中心に―
A study about the culture of hospitality from the stand point of folklore-focusing ’Maiko’ of Kamishitiken, KItano.Kyoto
  中原逸郎(NAKAHARA Itsuro 京都楓錦会)
京都は西暦794年以来千年の長きに亘って都が置かれた土地柄であり、山紫水明の自然に恵まれ様々な文化を産んできた。京都の文化は独特な意匠や作法を含むものであった。それらの文物は会所における人々の交流に重要な役割を果たし幕末まで続いた。つまり京都の民俗は長い歴史に培われた文化的蓄積の上に立っている。民俗学は「しきたり、いいつたえ」という民俗事象を資料として研究する分野」である。しかし、しきたりを重んじる場と評されているにも関わらず、京都の花街は民俗学分野において今まで取り上げられることが少なかった。近年おもてなし文化に対する関心が国の内外で高まる中、もてなしを生業とする花街はもてなし文化に少なからず影響を与えてきたのではないかというのが著者の主張である。本発表では、民俗学分野からのもてなし文化の再認識のために、まずは花街の座敷の接客の実態を確認するため、オーラルヒストリー的アプローチを試みる。

4.1960~90年代の舞踏グループのオーラル・ヒストリー―舞踏を生み出した日々の実践―
An Oral History of Butoh Groups from the 1960’s-90’s: The Daily Practice of Butoh
  ケイトリン・コーカー(Caitlin Coker 京都大学大学院)
本発表は舞踏グループの営みに関するオーラル・ヒストリーを提示・分析することで、いままで十分に考察されてこなかった舞踏の日々の実践を明らかにしたい。舞踏は日本で60年代前半に始まった前衛的身体表現である。制作・上演するため、ほとんどの舞踏家が稽古場で共同生活をし、キャバレーへの出演によって活動のための資金を稼いでいた。本発表は、グループの出現、そして時代と共に流動し変容していく様子、90年代の衰退に至るまでの過程を説明し、グループ内部の多様な視点から示す。個々の舞踏家の視点から、それらのグループを動的かつ多面的性格を持ったものとして考察する。

5.別子銅山社宅街(東平社宅)における昭和の生活史
Life in a copper-mining town“Tonaru”in Bessi Area, Niihama, Japan
  竹原信也(TAKEHARA Shinya 奈良工業高等専門学校)
明治以降、全国各地に“近代的”な社宅街が形成されてきた。そこには企業の合理性の精神、労務管理、福利厚生といった旧来の鉱山集落とは明らかに異なる思想の影響がみられる。近年、社宅街の形成と変遷を明らかにする建築史学的アプローチからの研究が積極的に進められ、その先進性が再評価されるに至っている。その一方で、全国各地で鉱山や炭鉱は閉山しており、社宅街も取り壊されつつある。また、社宅街で生活していた人々も高齢化が進んでいる。本報告では、愛媛県新居浜市の別子銅山(1691-1973)の山間に作られた社宅街(東平社宅)の生活文化を、生活経験者の語りから紹介していく。

3.会場案内
【交通手段】
★日本大学文理学部へのアクセスの詳細は、以下のサイトでご確認いただけます。
http://www.chs.nihon-u.ac.jp/access/
【キャンパスマップ】
★キャンパスマップの詳細は、以下のサイトでご確認いただけます。
http://www.chs.nihon-u.ac.jp/wpchs/swf/map.html

Ⅱ.ISA世界社会学会(RC38)報告
  2014年7月13日~19日に横浜パシフィコにおいて、XⅧ ISA WORLD CONGRESS OF SOCIOLOGYが開催されました。6000人以上が参加し、盛況のうちに終了しましたが、RC38 Biography and Societyの部会においては、Understanding Social Problems through Narratives By Insiders. Part Ⅰ,Ⅱが7月16日に開催され、セッション・オーガナイザーとして、小林多寿子(一橋大学)、塚田守(椙山女学院大学)が参加し、報告者としても、橋本みゆき、湯川やよい、山田富秋、青木秀光、根本雅也などが報告し、活発な議論が展開されました。

Ⅲ.理事会報告(詳細は略)
1.第六期臨時理事会議事録
日時:2013年11月24日(日)13:00~15:00
場所:立教大学池袋キャンパス12号館第3会議室
出席:有末、岩崎、小倉、川又、小林、塚田、宮崎、八木、和田、橋本(文責)
欠席(委任):赤嶺、川村、櫻井、田中、好井
議事録記載者確認(輪番) 今回は橋本理事が担当。
 1.会長欠席の連絡
 2.学会誌の編集について
 3.会計より
 4.広報より
 5.事務局より

2.第六期第2回理事会議事録
日時:2014年1月25日(土)13:00~15:00
場所:立教大学池袋キャンパス18号館(ロイドホール)5階第1会議室
参加:好井、川又、岩崎、小倉、宮崎、橋本、八木(文責)
欠席(委任有):塚田、小林、田中、桜井、赤嶺、有末、川村、和田  
議事録記載者確認(輪番) 今回は八木理事が担当。
 1.雑誌編集上の問題(継続審議)
 2.学会大会について
 3.編集委員会報告
 4.会計報告
 5.広報報告
 6.事務局報告
 7.その他

3.第六期第3回理事会 議事録
日時:2014年6月8日(日)13:00~16:10
場所:立教大学池袋キャンパス 12号館 地下1階 第4会議室
参加:好井、赤嶺、有末、岩崎、川村、田中、塚田、橋本、宮崎、八木、和田、川又
欠席(委任):小倉、小林、桜井
議事録記載者確認(輪番) 今回は和田理事が担当。
 1.学会大会について
 2.電子図書館事業説明会に関して
 3.日本オーラル・ヒストリー研究10号について
 4.会計報告
 5.広報報告
 6.事務局報告

Ⅳ.お知らせ
1.会員異動(2013年12月から2014年7月まで)(詳細は略)
(1)新入会員
(2)住所変更・所属変更等
(3)退会
※連絡先(住所・電話番号・E-mail アドレス)を変更された場合は、できるだけ速やかに事務局までご連絡ください。
(川又 俊則)

2.2014年度(2014.4.1~2015.3.31)会費納入のお願い
いつも学会運営へのご協力ありがとうございます。
本学会は会員のみなさまの会費で成り立っています。今年度の会費が未納の方におかれましては、何とぞご入金のほどよろしくお願いいたします。9月のJOHA12大会時にスムーズに受付を済ませるためにも、なるべく大会前に納入くださいますようお願いいたします。

■年会費
一般会員:5000 円、学生他会員:3000 円
*年会費には学会誌代が含まれています。

■ゆうちょ銀行からの振込先
口座名:日本オーラル・ヒストリー学会
口座番号:00150-6-353335
*払込取扱票(ゆうちょ銀行にある青色の振込用紙)の通信欄には住所・氏名を忘れずにご記入ください。
*従来の記号・番号は変わりありません。

■ゆうちょ銀行以外の金融機関から振り込む際の口座情報
銀行名:ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900
店番:019
店名(カナ):〇一九店(ゼロイチキュウ店)
預金種目:当座
口座番号:0353335
カナ氏名:(受取人名):ニホンオーラルヒストリーガツカイ

郵便払込・口座振込の控えで領収書に代えさせていただきます。控えは必ず保管してください。
学会会計全般について、またご自身の入金状況を確認したい場合は、
会計担当の八木良広(電子メール: yy.joha[at]gmail.com)へお問い合わせください。
(八木 良広)

JOHA12 プログラム概要

日本オーラル・ヒストリー学会 第12回大会 プログラム概要(簡略版)
Japan Oral History Association 12th Annual Conference

開 催 日:2014年9月6日(土)~7日(日)
開催場所:日本大学文理学部3号館(東京都世田谷区)
アクセス:京王線下高井戸駅・桜上水駅徒歩8分 http://www.chs.nihon-u.ac.jp/access/
参 加 費:会員1,000円、非会員・一般2,000円、非会員・学生他1,000円
大会実行委員会 開催校担当・会長:好井裕明、開催校担当:中村英代、山北輝裕
       学会事務局:川又俊則、研究活動委員会委員長:和田悠、会計:八木良広

第1日目 9月6日(土)
12:00      受付開始 
13:00~15:30 自由報告(第1分科会、第2分科会)
※報告20分+質疑応答10分(合計30分)

第1分科会 (3308教室)
1.聞き書きによる文化継承の過程―「聞き書き甲子園」の事例検討を通して―
  石村華代(九州ルーテル学院大学)
2.ボランティアと仕事のあいだ―被災地で支援活動をした保育者たちの経験―
  岩崎美智子(東京家政大学)
3.東北からの声(Voices from Tohoku: A 3.11 video archive from 10 different communities)
  David H. Slater、デビット H. スレイター(上智大学国際教養学部)
4.オーラルヒストリーとオーラルトラディション―東日本大震災後の語り部の記録―
(Oral history and oral tradition: Documenting post-3.11 kataribe storytelling)
  マヤ ヴェセリッチMaja VESELIČ(上智大学比較文化研究所)
5.東北からの声―福島の母親たちのアクティビズム―
(Voices from Tohoku: Activism among mothers in Fukushima)
  彈塚 晴香(東京大学大学院)
   ■ 第1分科会の3~5の報告は、3つの報告を連続して行い、その後、質疑応答をまとめて30分
行う形にします。この3つの報告はすべて英語で行われます。

第2分科会(3310教室)
1.将校になる―ある「学徒兵」のライフヒストリー―
  渡辺祐介(立命館大学大学院)
2.証言映像を捉え直す―「東京大空襲証言映像マップ」を通して―
  山本唯人(東京大空襲・戦災資料センター)
3.長崎県生月島のかくれキリシタン信者のライフ・ヒストリー
  小泉優莉菜(神奈川大学大学院)
4.開拓が生みだすもの―戦後入植のフォークロア―
  藤井和子(関西学院大学大学院)
5.アーカイブズとオーラルヒストリー―文書等と聞き取り調査―
  嶋田典人(香川県立文書館)

15:40~17:40 研究実践交流会「オーラル・ヒストリーを用いた大学の教育実践」3307教室
 報告者     梅崎修(法政大学キャリアデザイン学部)
 コメンテイター 塚田守(椙山女学園大学)
 司会      和田悠(立教大学)

18:00~20:00  懇親会(日本大学文理学部キャンパス内:カフェテリア・チェリー)

第2日目 9月7日(日)
9:00      受付開始  
9:30~12:00 自由報告(第3分科会、第4分科会) 
※報告20分+質疑応答10分(合計30分)

第3分科会(3308教室)
1.統合失調症の娘を抱える両親の語り
  青木秀光(立命館大学大学院、日本学術振興会特別研究員)
2.四国遍路のライフストーリー―流動化する社会と自己アイデンティティ―
  後藤一樹(慶應義塾大学大学院)
3.被差別部落の人間形成と義務教育―神戸市内の夜間中学に学んだ男性の語りに焦点を当てて―
  江口怜(東京大学大学院)
4.「女らしい文化」を生きる―髪を喪失した女性たちのライフストーリー―
  吉村さやか(聖心女子大学大学院)
5.在韓結婚移住女性のライフストーリー―結婚移住のプロセスと意味―
  具美善(一橋大学大学院)

第4分科会(3310教室)
1.妄想と現実の交差点にみる女性オタクのセクシュアリティ―一人の台湾人女性オタクのライフストーリーから―
  張瑋容(お茶の水女子大学大学院)
2.マンガ家のライフストーリーに見る戦後マンガ史
  池上賢(立教大学兼任講師)
3.もてなし文化の民俗学的研究―京都北野上七軒の舞妓の聞き取りを中心に―
  中原逸郎(京都楓錦会)
4.1960~90年代の舞踏グループのオーラル・ヒストリー―舞踏を生み出した日々の実践―
  ケイトリン・コーカー(京都大学大学院)
5.別子銅山社宅街(東平社宅)における昭和の生活史
  竹原信也(奈良工業高等専門学校)

12:15~13:00  総会  (3306教室)
13:00~13:20  昼食休憩(3303教室、他) 

13:20~16:00  シンポジウム「オーラルヒストリーで編み直す放送史」(3307教室)

【企画趣旨】
 日本で放送が始まってから来年(2015年3月)で90年の節目を迎える。
日本の現代史にほぼ重なる放送の歴史的展開を辿るうえで、オーラルヒストリーの可能性が注目されるようになっている。放送史研究においては、これまで放送番組(映像・音声)のアーカイブや、関連する文書・書籍が資料として用いられてきた。しかしそれらだけで、放送の歴史的展開とその社会的、文化的意味を探ることには限界がある。 
放送史に関わってきた多様な立場の人々の証言を収集・分析することによって、①文書資料に記録されていない事実関係を埋める、②放送番組が制作された社会的文化的背景に光を当てる、③多様な職種によって担われてきた制作現場の実相に迫る、といったことが可能になる。また、オーディエンス(受け手)研究においてもオーラルヒストリーは大きな可能性を持つ。
 本シンポジウムでは、放送史研究におけるオーラルヒストリーの可能性について、幾つかの研究事例や証言のデジタル・アーカイブ化に関する報告を踏まえながら、テレビ文化を研究する社会学者、オーラルヒストリー研究の専門家も交えて議論を深め、今後に向けての研究の方向性や課題、隣接諸分野との連携の可能性などについて考えたい。

【報告内容】
1.放送史研究における資料の現状とオーラルヒストリーの可能性
  米倉律(日本大学法学部)
2.オーラルヒストリーを用いた初期テレビドラマ研究の試み~『私は貝になりたい』(TBS,1958年)の事例  を中心に~
  廣谷鏡子(NHK放送文化研究所主任研究員)
3.日本初の民間放送、新日本放送スタッフへのヒアリング
  西村秀樹(近畿大学客員教授) 

 討論者 太田省一(社会学者)
 八木良広(立教大学兼任講師)
 司 会 好井裕明(日本大学)

【自由報告者へのお願い】
1)当日配布資料がある場合、レジュメ形式・フルペーパー形式等自由です。ただし、開催校では資料を印刷いたしません。報告者ご自身で当日持参いただき、会場担当者へお渡しください。その際、50部ほどご準備ください。
2)パワーポイント等をご利用の場合、各会場でパソコンを準備しておりますので、USBメモリ等にプレゼンテーション資料をお持ちください。ご自身のものをご利用される場合、RGBケーブルでおつなぎいたします。USBなどの接続方式には対応しておりませんので、ご自身で変換アダプター等をご準備ください。なお、動作確認等は各分科会の開始以前にお願いいたします。会場担当者にご相談ください。念のため資料を保存したUSBメモリ等もご持参ください。